2011年のニュース

志賀毒素産生性大腸菌(STEC)のEUにおけるアウトブレイクについて

ECDC 2011年7月27日

 EUおよびEEA加盟国内では、直近の10日間(7月17日~7月26日)で、非HUS STEC症例の発生はわずか2例にとどまりました。この2症例はいずれも可能性の高い症例(probable case)であり、STEC O104と確定しているわけではありません。確認されたSTEC患者が最後に発症した日は、2011年7月7日です。全ての症例(可能性の高い症例、確定症例)の中で最後に発症した日は、2011年7月17日でした。

 現在のところ、STEC症例として確認された症例は、EUおよびEEA加盟国内において累計数941例報告されています(264例のHUS症例と677例の非HUS STEC症例)。更に、現時点でO104感染であると確認されていないものの、可能性の高い症例として518例のHUS症例と2,451例の非HUS STEC症例が報告されています。EU域内として、STEC症例として確認されたまたは可能性の高い患者のうち合計で46名が死亡しました。このうち、29例がHUS症例によるものであり、17例が非HUS STEC症例による症例です。

 ロベルトコッホ研究所による発表

ロベルトコッホ研究所は7月26日に、「ドイツ国内のアウトブレイクが終息したと考えられる」と公的に発表しました。(→発表内容

終息宣言が出された理由は、最後の疫学的リンクのある症例の発症日は7月4日で、3週間前になることからです。7月26日の直近の更新において、ドイツ政府は9名の非HUS STEC症例と1名のHUS症例を報告しています。ドイツ政府によれば、7月4日以降にドイツで報告された症例は、当初のアウトブレイクと疫学的リンクを持たないか、確認ができなかったものでした。ドイツ以外のEU加盟国については前回の更新以降新たな症例の報告はありません。

更に情報が必要な場合には以下をご参照下さい:
See list of all epidemiological updates, disease information  
ECDC Rapid Risk Assessment, updated on 8 July
EFSA Technical Report, published on 5 July
RKI Update on E. coli outbreak in Germany

RKI Press Statement on end of outbreak, published on 26 July(アウトブレイク終息)

110728ECDCtable.jpg

補足:表に記載された数は、これまでにヨーロッパ域内(ECDC)で報告された症例報告の数を現しています。過去一週間において、日々報告される症例数が着実に減少してきていますが、主として様々な段階における報告の遅れが原因で、累積患者数は増加し続けています。

疑い例(ドイツ:119HUS症例(4例死亡)、フランス:4非HUS STEC症例)は表に含んでいません。

*: ボルドーでのアウトブレイクで新たに報告された症例

**: 以前に報告された症例であって、ドイツへの渡航による疫学的リンクを有する症例