年別のニュース
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2012年のニュース

新たなコロナウイルスについて 2012年9月

2012年9月23日 HPA(原文〔英語〕へのリンク

 2012年9月21日に、ロンドンで重篤な呼吸器疾患の治療を受けているカタール人の下気道検体で、新種のコロナウイルスが同定されました。ウイルスは、以前肺炎に罹患したサウジアラビア人の肺組織から分離され、最近オランダの研究者によって、同定された新種のコロナウイルスと同じです。現在までに、このウイルスが分離されたのはこの2件の症例報告のみです。

 コロナウイルスには様々なものがあり、これらの中には、一般的な風邪症状や他にSARSの重症症状を引き起こすような種類も含まれています。これらの2人の患者の病気の深刻さと新種のコロナウイルスの性質が未知であることに照らして、現在の患者は厳重な呼吸管理で隔離され、ケアにあたるスタッフはFFP3マスク(スタッフはフィットテストするべきです)、ゴーグル、ガウン、手袋の完全な個人防護具を着用しなければなりません。
(FFP3:EUの定める微粒子用防塵マスクの性能を表す規格の中でも最高のランクのもので、ウイルスサイズの極小微粒子を99%以上ブロックすることができる性能を備えているもの)
 患者が発症している期間に、患者と濃厚接触した人は皆フォローされます。これは、患者が症状を示している期間に直接的な臨床ケアや個人的なケア、検査を行った医療従事者も含まれます。

 潜伏期間は、現在最大7日とみられていて、そのためこの症例と最後に接触したあと7日以内に出現した呼吸器症状は関係があると見なされ、スタッフは可及的速やかに上司・保健サービスへ報告すべきです。症状には、発熱、咳、他の呼吸器症状が含まれます。

 現時点では、最近サウジアラビアやカタールから帰国し重篤な呼吸器症状のある患者は、厳重な呼吸器管理隔離施設(理想的には陰圧室)で管理し、全てのスタッフは上述したPPEで防護策をとるべきです。

 上記の症例定義に合致する患者を診察したと思われる臨床医は08447788990(英国)の発熱サービスへ電話をして下さい。

 個人的に健康相談や疑問のある方は保健サービスへ連絡してください。

出典

HPA:Information for professionals - novel corona virus September 2012
http://www.hpa.org.uk/webw/HPAweb&HPAwebStandard/HPAweb_C/1317136202801