2013年02月04日更新 カンボジアで鳥インフルエンザの患者が発生しました

 2月1日に公表された世界保健機関(WHO)の情報によりますと、カンボジアで、新たに鳥インフルエンザA(H5N1)患者5人が報告されました。

 患者の詳細は、1月9日に発症したプノンペン(Phnom Penh)に住む8か月の男児、1月11日に発症したタケオ(Takeo)州に住む17歳の女性、1月13日に発症したコンポン スプー(Kampong Speu)州コンピセイ(Kong Pisey)地区に住む35歳の男性、1月13日に発症したコンポンスプー(Kampong Speu)州コンピセイ(Kong Pisey)地区に住む17か月の女児、1月15日に発症したコンポット(Kampot)州に住む9歳の女児です。

 患者はすべて発熱、咳、他のインフルエンザ様症状(ILI)がありました。患者のうち4人が死亡し、8か月の男児は軽いインフルエンザ様症状のみで回復しました。検体は国立公衆衛生研究所とカンボジアのパスツール研究所で検査されました。

 初動調査の結果では、人から人への伝播を支持する根拠はなく、患者のうち4人は病気の家きんや死んだ家きんと濃厚接触があったことがわかっています。

 保健省の緊急対応チームは、患者の濃厚接触者を特定し、5人の患者間の疫学的関連や必要に応じた予防的治療を開始するため、病院や地域で対応しています。さらに、家族に鳥インフルエンザの感染予防の方法を伝える公衆衛生の啓発活動も実施されています。チームは地域の保健センターでのILIの活動性や、患者発生地域での重症急性呼吸器感染症(SARI)の増加の有無について調べています。患者の濃厚接触者で、ILI症状のある人の鳥インフルエンザ検査結果は陰性でした。ILIやSARIに関する調査は今後2週間強化されます。地域では健康教育に関する啓発がなされています。WHOはカンボジア保健省を支援しています。

 現地にご滞在の際は、鳥がたくさんいる場所で鳥に直接触ったり、病気の鳥や死んだ鳥に近寄ったりしないようにしましょう。

出典

WHO(GAR)Avian Influenza-situation in Cambodia-update
http://www.who.int/csr/don/2013_02_01/en/index.html