2013年05月09日更新 新種のコロナウイルス感染症について (更新11)

 5月8日付で公表された世界保健機関(WHO)の情報によりますと、フランスの社会保健省は、新種のコロナウイルス(nCoV)に感染した確定患者1名が発生したとWHOに報告しました。

 この患者には基礎疾患(持病)があり、免疫が低下していました。4月23日に発症し、呼吸器症状が出現しました。5月7日にパスツール研究所で確定診断されました。鼻咽頭から採取された検体は陰性でしたが、気管支肺胞洗浄で採取された検体で確定診断されました。患者は現在入院中です。暫定的な調査によりますと、患者にはアラブ首長国連邦のドバイへの渡航歴がありました。更なる調査が進められています。

 昨年9月以降、これまでに、WHOに報告されたnCoVの確定患者は31人で、このうち18人が死亡しました。

 現在の状況と利用可能な情報に基づいて、WHOはすべての加盟国へ、重症急性呼吸器感染症の監視を継続し、通常でないパターンの症例を慎重に検討するよう推奨しています。現在、WHOは状況を評価し、サーベイランスやモニタリングの推奨を再検討するために、専門家や患者が発生した国と連携しています。

 WHOは、すべての加盟国に対し、nCoVの新たな感染者が発生した際には、考えられる感染経路や臨床経過の情報を合わせて、速やかに評価して報告するよう呼びかけています。

 WHOは、この事例に関して入国時の特別なスクリーニングおよび渡航や貿易を制限することを推奨していません。

 WHOは引き続き、状況を注視しています。

出典

WHO(GAR):Novel Coronavirus infection – update
http://www.who.int/csr/don/2013_05_08_ncov/en/index.html

参考

FORTH 新着情報
新種のコロナウイルス感染症について (更新10) (2013年5月8日)
http://www.forth.go.jp/topics/2013/05080924.html