• トップページ >
  •  新着情報 >
  •  インディアナ州MERS患者との接触者(イリノイ州)でMERSコロナウイルス試験が陽性となりました

2014年05月20日更新 インディアナ州MERS患者との接触者(イリノイ州)でMERSコロナウイルス試験が陽性となりました

 5月17日付けのアメリカ疾病対策センター(CDC)から公表された情報によりますと、米国でMERS輸入第1症例の調査で、患者と緊密に接触したイリノイ州の男性がMERS-CoVに感染していたと判明しました。このイリノイ州住民は、受診していませんでした。しかし地区担当者は調査の一環として5月3日から毎日体調を監視していました。現在住民は体調良好と報告されています。

 CDCのプレスリリースからの抜粋です。

 このイリノイ州住民は最近米国外への渡航歴はありませんでした。この男性はインディアナ州の患者(第1輸入症例)でのMERS-CoV感染が判明する少し前に2度会う機会がありました。MERS追跡調査の一環で、イリノイ州の地区保健担当者は5月3日にイリノイ州の住民と連絡を取りました。保健担当者はまずこの住民がMERS-CoVに感染している状態かの確認を5月5日に実施しました。結果は陰性でした。次に患者と緊密な接触があったと確認された人々から血液を採取しました。5月16日イリノイ州の住民の一人でMERS-CoVに対する抗体が陽性になりました。

 初めてのMERS輸入症例2例(5月2日のインディアナ州、5月11日のフロリダ州)の報告を受けてウイルスの拡散を最小限にするため、大規模な複数州にまたがる調査と対策が行われています。この施策の一環として公衆衛生担当官が、医療機関の専門職、家族、患者と緊密に接触した人と連絡を取り、健康状態を監視し、医療従事者が評価を必要とする際の推奨事項について助言を行っています。

 報告されているすべてのMERS症例はアラビア半島内か近隣諸国にリンクしています。いくつかの例で緊密な接触を介してヒト-ヒト感染でウイルスが拡散しています。しかし、MERS-CoVのコミュニティーレベルでの拡散が継続している証拠は今のところ見つかっていません。

 現時点で、この新しい情報に基づいたCDCの一般公衆、渡航者、医療サービス提供者へ対する推奨に変更はありません。

出典

CDC プレスリリース
Illinois resident who had contact with Indiana MERS patient tests positive for MERS coronavirus, 17 May 2014
http://www.cdc.gov/media/releases/2014/p0517-mers.html