2014年06月16日更新 中東呼吸器症候群(MERS)の発生状況について (更新33)

 6月13日、14日付けのWHOから公表された情報によりますと、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、イラン、アルジェリア国立IHRフォーカルポイント(NFP)はWHOへ確定診断されたMERS-CoV患者について報告しました。

サウジアラビアからWHOへ報告された詳細は以下のとおりです。
 2014年4月11日から6月9日までにサウジアラビアからWHOへ515人のMERS-CoV症例が報告されました。このうち402人が確定症例として随時報告され、113人は病院記録の遡及調査で確認され6月3日にサウジアラビアから報告されました。これらの症例については、サウジ政府とWHOのMERS-CoV対応における共同対応の一部として情報が利用できるようになれば情報提供される予定です。

 これにより114人の死亡者を含む402人の確定患者となりました。

 35症例がマディーナ(Madina)州、132症例がリヤード(Riyadh)州、208症例がマッカ(Macca)州(そのうち154症例がジッダ、39症例が州都メッカ、8症例がクンフダー、7症例がターイフ)、10症例がタブーク(Tabuk)州、6症例がジャウフ(Jawf)州、3症例がナジュラーン(Najran)州、3症例が東部州(Ash Sharqiyah)から報告されました。5症例については地域が特定されていません。

 402症例の年齢の中央値は46歳(分布は生後9か月から94歳まで)、情報のある症例(n=388)によりますと性別は58.3%が男性。情報のある症例(n=398)の約半分(44.5%)は重症で、そのうち114人が死亡しました;114人(28.6%)は無症状又は軽症と報告されました。基礎疾患があると報告されたのは402人のうちの149人のみで、そのうち140症例は少なくとも1つの基礎疾患がありました。

 402人の25%(109人)以上がヘルスケアワーカーでした。109人のヘルスケアワーカーのうち63人が無症状が軽症で、35人が中等度の症状(入院が必要とされたがICUへは入院していない)で、7人が重症で4人が死亡しました。

UAEから6月4日に報告された症例の詳細は以下のとおりです。
 症例はアブダビ在住の36歳の肉屋。ラクダや羊の食肉処理場で働いています。症例は無症状でした。食肉処理場の一般的なスクリーニングとして5月20日に検査した喀痰がMERS-CoV陽性でした。症例は以前に確定診断されたMERS-CoV患者との接触、渡航歴はありませんでした。症例は現在隔離されており、状態は安定しています。

 この症例との接触者調査と健康監視が実施されましたが他に症例は検出されませんでした。

イランから6月4日に報告された症例の詳細は以下のとおりです。
 症例は35歳の女性看護助手です。2014年5月26日に軽症状で発症し、28日に湿性咳嗽(痰のからんだ咳)がみられました。26日に採取した咽頭ぬぐい液でMERS-CoV陽性となりました。

 患者は自宅に留まるよう助言され、感染予防策がとられました。この患者は2014年5月26日にWHOへ報告されたイラン第一例のMERS-CoV患者と緊密な接触がありました。患者に基礎疾患はなく、発症する14日以内に動物との接触歴、ラクダの生製品の摂食歴はありませんでした。2014年6月3日には症状は消退し現在状態は安定しています。

 ヘルスケアワーカーや家族内での患者の接触者調査が続いています。

アルジェリアの国立IHRフォーカルポイント(NFP)は、5月31日WHOへMERS-CoV確定患者2人を報告しました。これはアルジェリアで初めての確定症例の報告です。詳細は以下のとおりです。(6月2日付AFRO発表の患者報告 FORTH新着情報と同じ患者)

 ・66歳男性で、巡礼グループメンバーの一人として2014年5月14日にウムラ(小巡礼)でサウジアラビアへ出かけました。5月23日にサウジアラビアで発症しました。アルジェリアへ帰国した5月28日に入院しました。患者には基礎疾患がありました。

 ・59歳男性で、2014年5月5日サウジアラビアへ巡礼に出かけました。サウジアラビア滞在中の5月23日に発症しました。5月29日に入院しました。基礎疾患はありませんでした。医療ケアにもかかわらず、6月10日に多臓器不全で死亡しました。

 全体として、これまでに、WHOに公式に報告されたMERS-CoVに感染した確定患者は、少なくとも210人の死亡者を含み699人になりました。

WHOのアドバイス
 現在の状況と利用可能な情報に基づいて、WHOはすべての加盟国へ、重症急性呼吸器感染症(SARI)のサーベイランスを継続し、通常と異なる傾向がみられた場合には慎重に検討するよう推奨しています。

 感染予防制御対策は、医療施設でのMERS-CoVの拡散の可能性を防止するために必須です。MERSコロナウイルスに感染した患者の中には、軽症の患者や、所見が非典型的である患者がおり、患者を常に早期に発見できるわけではありません。そのため、MERSコロナウイルスや他の病原体に感染した疑いがある患者や確定患者の有無にかかわらず、常に、どの場所でも、すべての患者に対して標準予防策を実施することが重要です。急性呼吸器感染症の症状のある患者に医療を提供する際には、飛沫予防策を追加すべきです。また、MERSコロナウイルスに感染した可能性がある患者や確定患者に医療を提供する際には、眼の防護を加えた接触予防策を追加すべきです。エアロゾル(微粒子)が発生するような処置を行う場合には、空気予防策を行う必要があります。

 MERS-CoVについてもっと詳細がわかるまでは、糖尿病、腎不全、慢性肺疾患、免疫機能不全のある人々はMERS-CoV感染で重症化するリスクの高いヒトと見なされます。それ故、このような人々がウイルスの存在する可能性がある農場や市場、飼育小屋を訪れる際には動物特にラクダとの密接な接触を避けるべきです。

 農場を訪れる際に、動物を触る前と触った後の定期的な手洗いを行う、病気の動物との接触を避ける等の一般的な衛生対策をしっかりと実施すべきです。

 食品衛生対策を実施する等の一般的な衛生対策をしっかりと実施すべきです。ラクダの生ミルクや尿、適切に調理されていない肉を摂食するのは避けるべきです。

 WHOは、この事例に関して、入国時の特別なスクリーニングおよび渡航や貿易を制限することを推奨していません。

 海外渡航時には、手洗いの励行や動物との接触を避けるなど、一般的な衛生対策を心がけていただくとともに、MERSコロナウイルスの患者が発生している国に滞在した後に、発熱や咳などの呼吸器症状が現れた場合には、検疫所にご相談ください。

出典

WHO Global Alert and Response,
Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV)-update, 13,14 June 2014
http://www.who.int/csr/don/2014_06_14_mers/en/
http://www.who.int/csr/don/2014_06_13_mers/en/