2015年06月15日更新 麻しんの流行発生-チリ 

 2015年6月12日に公表された世界保健機関(WHO)の情報によりますと、チリの国立国際保健規約(IHR)担当者は、6月10日に麻しん患者5人の発生をWHOに報告しました。

症例の詳細情報
1. 31歳男性。サンティアゴ在住。5月12日に発症し、15日に麻しんに対する検査結果で陽性と判定されました。彼は、4月4日から28日に中国に旅行していました。疫学調査によれば、潜伏期間は中国からハワイを経てサンティアゴへの旅行日程と一致します。患者は、サンティアゴに帰る途中、最初の搭乗便(北京からホノルル)で症状のある搭乗者と接触したと報告しました。

2. 10か月の乳児。サンティアゴのMaria Pinto(マリア ピント)地区に在住。5月25日に発症し、29日に麻しんに対する検査結果で陽性と判定されました。国が定めた定期予防接種スケジュールでは、その患児はまだワクチン接種の対象になっていなかったために、MMRワクチンの接種を受けていませんでした。これまでには、最初の患者との疫学上の直接の繋がりは確認されていません。しかし、患児のウイルスの遺伝子型はH1と確認されています。このウイルス遺伝子型の証拠は、最初の患者と患児とが同じ感染経路の一部として関係する可能性を示しています。

3. 38歳男性。サンティアゴ在住。6月1日に発症しました。最初の患者の潜伏期間の中にあります。2番目の患児と同様に、H1のウイルス遺伝子型が決定されました。

4. 44歳男性医療従事者。サンティアゴのLas Condes(ラス コンデス)地区に在住。6月3日に発症し、6日に麻しんに対する検査結果で陽性と判定されました。患者は病院に入院しましたが、現在は、回復して自宅にいます。

5. 21歳男性。2番目の患児の親族。6月4日に発症し、5月10日(原文どおりに記載)に麻しんに対する検査結果で陽性と判定されました。

 公衆衛生上の取り組みでは、患者の効率的な発見を確実なものとするために、サイド強化サーベイランス(Side intensifying surveillance)に則り公共と個人のネットワークに注意を払うことに焦点を当てています。感染の疑いがある患者との接触が同定された全ての対象者には、検査での確定診断を待つことなく、検査直ちにワクチンが接種されています。その一方で、小児へのワクチン接種が強化されています。その目的は感染連鎖を絶つことにあります。

 6月11日から7月4日まで、チリが「コパ・アメリカチリ2015」のホスト国であることに関連して、チリと汎米保健機関の衛生当局は、旅行者に対して、彼らが麻しんのワクチン接種に対する最新情報を確認する、もしくは出発の2週間前にワクチンを進めています。
________________________________________

 麻しん(はしか)は、麻しんウイルスが、空気感染、飛沫感染、接触感染によって人から人にうつるウイルス感染症です。その感染力はウイルスの中で最も強く、麻しんを発症している人と同じ部屋にいただけで(空気)感染することがあります。また、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症します。成人の方が重症化する傾向があり、肺炎や脳炎などの重い合併症を起こします。

 麻しんは予防接種で予防することができます。予防効果を確実にするためには、2回の接種が必要です。現在、1歳と小学校入学前1年間の子どもに対して、計2回の定期予防接種が行われています。麻しんの流行がみられる地域へ海外渡航される前には、母子健康手帳などで、予防接種歴を確認してください。麻しんに罹ったことがない方で、麻しんの予防接種を受けたことがない又は1回しか受けていない方、または予防接種を受けたかどうかがわからない方は、流行地へ渡航する前に、早めに医師に相談してください。

FORTH感染症情報: 麻しん(はしか)

出典

WHO. Global Alert and Response (GAR). 12 June 2015.
Measles - Chile
http://www.who.int/csr/don/12-june-2015-measles/en/