2016年01月12日更新 小頭症の発生状況 -ブラジル

 2016年1月8日付けで公表されたWHOの情報によりますと、1月4日にブラジル保健省から国内での小頭症患者数の増加に関する疫学情報がPAHO/WHO(汎米保健機構)に提出されました。

 1月2日現在、死亡者38人を含む3,174人の小頭症患者が国内で確認されています。患者は21州684行政地区に及んでいます。北東部では疑い患者数が最大数を更新し続けています。

WHOからのアドバイス

 この事態の原因はこれから解明されていくことになりますが、この状況への注意を喚起し、これらの地域で同様の状況が起きることに対する注意を各国に促すために、加盟国との間での情報共有が行われています。これらの理由及びこの状況の原因究明をさらに進める必要性から、既知の原因では説明できない小頭症の新生児やその他の神経疾患の如何なる増加についても報告することを、PAHO/WHOは加盟国に要請しています。PAHO/WHOからは疫学的な注意喚起が出されています。

出典

WHO. Disease Outbreak News. 8 January 2016
Microcephaly - Brazil
http://www.who.int/csr/don/8-january-2016-brazil-microcephaly/en/