• トップページ >
  •  新着情報 >
  •  ジカウイルス感染症および神経疾患と新生児奇形の増加に関する初めての国際保健規則(IHR:2005)緊急委員会に基づくWHO声明

2016年02月02日更新 ジカウイルス感染症および神経疾患と新生児奇形の増加に関する初めての国際保健規則(IHR:2005)緊急委員会に基づくWHO声明

 2016年2月1日に、WHOはジカウイルス感染症および神経疾患と新生児奇形の増加に関する初めての国際保健規則(IHR:2005)緊急委員会に基づく声明を発表しました。

 国際保健規則(2005) (IHR 2005)に則り、ジカウイルス感染症が流行するいくつもの地域で小頭症やその他の神経疾患患者が集団発生していることについて初めての緊急委員会が事務局長によって招集されました。会議は、2016年2月1日[ヨーロッパ中央時間]13:10から16:55まで電話会議で開催されました。
 WHO事務局は、ある環境下でジカウイルスが感染伝播することと、一時的に小頭症やギランバレー症候群(GBS)が集団発生していることについて、委員会に必要となる情報を提供しました。委員会には、ジカウイルスの現在までの歴史に関する理解、その拡がり、臨床所見並びに疫学についての情報が追加提供されました。
 ブラジル、フランス、アメリカ、エルサルバドルなどの加盟国も、小頭症および/または神経疾患とジカウイルスの間に潜在する関連性について情報を提供しました。
 委員会は、2014年にフランス領ポリネシアで発生した類似の集団感染に続いて、最近、ブラジルで報告されている小頭症やその他の神経疾患患者の集団発生は、国際的な懸念に対する公衆衛生上の緊急事態に当てはまることを進言しました。
 委員会は、IHR(2005)にしたがって、国際的な懸念に対する公衆衛生上の緊急事態(小頭症及び神経疾患の集団発生)とジカウイルスとこれらとの関連の可能性について検討に入ることとし、事務局長に以下のことを進言しました。

小頭症及び神経疾患

・小頭症とGBSに対する調査活動が、特に、ジカウイルスの感染伝播が確認されている地域と感染が伝播するリスクのある地域では、基準が統一され、強化される必要があります。
・新たに小頭症及び神経疾患が集団発生する原因に関する研究が、ジカウイルスおよび/またはその他の要因もしくは補因子に関連する原因であることを突きとめるために強化される必要があります。

 これらの集団発生が新たにジカウイルスの感染のある地域で発生しており、適切な公衆衛生の実施が維持される中で、これらの集団発生の対して別の説明ができないことから、委員会は、ジカウイルスの感染を減らすために積極的な対策が、特に妊娠中の女性と妊娠可能年齢の女性に対して重要であることを強調しています。

予防措置として追加された委員会からの提言

ジカウイルスの感染伝播
・リスクのある地域では統一された症例定義と診断を普及させた上で、ジカウイルス感染症の調査活動が強化される必要があります。
・ジカウイルス感染症に対する新しい診断法の開発が、調査活動と感染制御対策を促進するために優先される必要があります。
・住民の懸念に対処し、地域住民の参加を強化し、報告を向上させ、媒介蚊の制御と個々人の予防対策を確実に実行するために、ジカウイルスが感染伝播する国では、リスクに関する情報伝達が強化される必要があります。
・媒介蚊の制御対策や適切な個々人の予防対策は、ジカウイルスとの遭遇リスクを軽減するために積極的に推進し、実施される必要があります。
・妊娠可能年齢の女性、特に妊娠中の女性が、リスクとの遭遇を減らすために必要となる情報や資料を確実に入手できるように、注意が払われる必要があります。
・ジカウイルスに感染した妊娠女性は相談を受け、最大限利用が可能な情報および国の対策や政策に基づいて、出産結果を経過観察していく必要があります。

長期的な対策
・ジカウイルスのワクチン、治療薬および診断に対して、適切な調査研究と開発の努力が強化される必要があります。
・既にジカウイルスの感染伝播が確認されている地域においては、医療サービスが神経症候群および/または先天性奇形の潜在的な増加に対して備えられる必要があります。

渡航上の対策
・ジカウイルスが感染伝播する国と地域への渡航や貿易に制限があってはなりません。
・ジカウイルスが感染伝播する国と地域に入る渡航者には、蚊に遭遇し刺される可能性を低減するために、潜在的なリスクへの適切な対策のための最新のアドバイスが提供される必要があります。
・飛行機や空港の昆虫駆除については、WHOの推奨事項を実行する必要があります。

情報の共有
・各国の規制当局は、国際的な懸念に対する公衆衛生上の緊急事態に関連して、公衆衛生上で重要となる情報を迅速かつ適時に報告し、共有する体制を確保する必要があります。
・小頭症および/またはGBSの発生率増加とジカウイルスの感染伝播に関係する臨床的、ウイルス学的および疫学的データは、速やかなる感染制御への努力の国際的な支援を導き、国際的観点からのこれらの出来事の理解を促進し、さらなる調査研究や開発産物への優先順位を付けるためにWHOと共有する必要があります。

 この進言に基づき、事務局長は、2016年2月1日に国際的な懸念に対する公衆衛生上の緊急事態を宣言しました。事務局長は、委員会の進言を承認し、IHR(2005)に則り、一時勧告としてこれらを発行しました。事務局長は、彼らを進言した委員と顧問らに感謝の意を表しました。

出典

WHO. Media center news. WHO Statements. 1 February 2016
WHO statement on the first meeting of the International Health Regulations (2005) (IHR 2005) Emergency Committee on Zika virus and observed increase in neurological disorders and neonatal malformations
http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2016/1st-emergency-committee-zika/en/