2016年03月08日更新 ジカウイルス発生状況について -アルゼンチン及びフランス

 2016年3月7日付けで公表されたWHOの情報によりますと、2月29日と3月1日にアルゼンチンとフランスの国際保健規則(IHR)国家担当者は、ジカウイルス感染者をWHOに報告しました

報告の詳細
アルゼンチン
 2016年2月29日に、アルゼンチンの国際保健規則(IHR)国家担当者はこの国に潜在した初めてのジカウイルス感染者をPAHO/WHO(汎米保健機構/世界保健機構)に報告しました。

 患者は、コルドバ州に住む女性で、2月2日に発症し、2月16日に州立中央研究所でポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法検査によってジカウイルスに感染していることが確認されました。彼女は、ジカウイルス感染症に合致する症状をもつ感染輸入患者と関係があり、最近、ジカウイルス感染症が発生している国、コロンビアに旅行していました。

 ウイルスの感染経路については調査中です。しかしながら、性交渉により感染した可能性があります。両患者の検体は、さらに追加検査と確認検査を実施するために国立基準研究所に送られました。

 現在、コルドバ州は、デング熱が流行していることを発表しています。地元の保健当局は、媒介昆虫の駆除活動を実施するだけでなく、患者の発見を積極的に行っています。

フランス
 
2016年3月1日に、フランスの国際保健規則(IHR)国家担当者は性交渉によりジカウイルスに感染した可能性の高い患者をWHOに報告しました。

 2月24日には、イル・ド・フランスの地元保健当局は、この国で性交渉によりジカウイルスに感染した初めての患者(A氏)を報告しました。

 女は、パートナー(B氏)とともにブラジルに旅行し、このときに性的関係をもち、2月10日にフランスに帰国しました。その後、ジカウイルス感染症に一致する症状(発熱、発疹、関節痛、筋肉痛)を発症しました。B氏は、2月5日にジカウイルス感染症に合致する症状を発症していました。A氏にはそれ以前の渡航歴はありません。

 両者のジカウイルスによる感染は、2月24日に国立基準中央研究所アルボウイルス研究室で確認されました。A氏は唾液と尿の検体でPCR法検査で陽性、B氏は尿検体の検査で陽性でした。現在、追加の血清学的評価が行われています。生物反応検査によって妊娠は否定されました。

WHOによるリスク評価
 
性交渉の後に感染が成立した患者の散発的な発生は、既に文献で報告されています。2月初めには、性交渉によってジカウイルスへの感染が成立した患者(2月12日に公表、WHO)が、アメリカ合衆国から報告されました。ウイルスは主に蚊に刺されることを通じて人々に伝播していくので、これらの性行為感染による患者が、全体でのリスク評価を変化させることはありません。強い媒介能をもつシマカ属の蚊が生息する地域へジカウイルスが世界規模で拡がる危険性は、世界の様々な地域でこれらの蚊が地理的に広く分布していることを考えると、かなり高いです。WHOは、利用可能な最新の情報に基づいて、疫学的な発生状況を監視し、リスク評価を行っていきます。

WHOからのアドバイス
 
これまでの原則に基づけば、性交渉によるジカウイルス感染のリスクは極めて限定的と考えられるものの、WHOは次のことを勧めています。

*男女ともにジカウイルス感染症の全ての患者とその性的パートナー(特に妊婦)は、ジカウイルスの性交渉に潜在する感染リスク、避妊の対策、より安全な性交渉に対する知識を得て、可能であればコンドームを備えるべきです。ジカウイルス感染の懸念のため、無防備な性交渉を行った女性や妊娠を望んでいない女性は、緊急の避妊に対するサービスや相談を簡単に利用できる環境を備えておく必要があります。
*ジカウイルスの感染伝播が現地で発生していると分かっている地域に住んでいる又はそこから帰ってくる妊娠女性の性的パートナーは、妊娠期間中はより安全な性交渉を心がけるか、その間は性交渉を控える必要があります。
*ジカウイルスへの感染のほとんどは無症状であるために以下のことが必要です。
  ・ジカウイルスの感染伝播が現地で発生している地域に住んでいる男女は、より安全な性交渉を
   心がけるか、その間は性交渉を控える必要があります。
  ・ジカウイルスの感染伝播が現地で発生している地域から帰ってくる男女は、少なくとも帰宅後4週
   間、より安全な性交渉を心がけるか、その間は性交渉を控える必要があります。

 WHOは、ジカウイルスを検出するために精液の基本検査とすることは勧めていません。

 ジカウイルスに関する注意とは別に、WHOは、HIV、その他の性行為感染症、望まない妊娠を防ぐために、コンドームの正しい使い方と一貫した使用など、常により安全な性行為に心がけることを勧めています。

 人の居住地での媒介蚊が繁殖する地の近くは、ジカウイルス感染に対して大きな危険因子となります。感染の予防と制御は、感染源の抑止(繁殖地の除去および環境改善)を通して媒介蚊の繁殖を減らすことと、媒介蚊と人との接触機会を減らすことに依存します。これらは、自然及び人工の貯水池で蚊の幼虫が生息できる場所の数を減らし、リスクのある地域で蚊の成虫個体数を減らし、防虫剤、網戸、戸や窓の遮断、長袖の衣服の着用など感染防御を行うことで、達成できます。シマカ属(感染伝播において主となる媒介昆虫)は日中に活動するため、昼寝をしている人、特に幼児と子ども、病人および高齢者には、保護のために防虫処理された蚊帳、また防虫処理されておらずとも、その中で休息することが重要です。

 感染流行の発生中は、WHOによって作成された技術要綱にしたがって、飛来する蚊を殺すために殺虫剤の空中散布が実施されることがあります。技術的な記述がある場合には、比較的大きな貯水容器を処理するために(WHOの農薬評価事業計画が推奨する)適正な殺虫剤が幼虫の殺虫剤として使用されることもあります。

 危険性の高い地域を旅行する人々、特に妊娠中の女性では、防蚊対策への基本的な注意が払われるべきです。具体的には、防虫剤の使用、明るい色で長袖の上下衣服の着用、確実に蚊が部屋は入るのを防ぐための網戸の設置などがあります。

 WHOは、現在利用できる情報に基づく限り、アルゼンチン及びフランスへの旅行や貿易への制限を推奨してはいません。

出典

WHO. Emergencies preparedness, response. Disease Outbreak News. 7 March 2016
Zika virus infection - Argentina and France
http://www.who.int/csr/don/7-march-2016-zika-argentina-and-france/en/