2016年05月02日更新 黄熱の発生状況

 2016年4月28日付けでWHOより、ジカウイルス感染症、黄熱、エボラ出血熱の発生状況が公表されています。ここでは、このうちの黄熱について掲載しています。

概要

2015年12月後半に、黄熱の集団発生が発見され、2016年1月20日にダカール・パスツール研究所によって確認されました。2016年1月半ば過ぎから、黄熱患者の急激な増加がみられました。
4月26日現在、アンゴラでは、258人の死亡者を含む2,023人の疑い患者が報告され、そのうちの653人が検査によって確定診断されたことが報告されました(70%がルアンダ州から)。4月24日の週には、黄熱の疑い患者が新たに115人、死亡者が8人、確定患者が36人報告されました。
コンゴ、ナミビア、ザンビアでは、黄熱の疑い患者は報告されていません。ナミビアとザンビアはアンゴラとの間で長く自由に行き来できる国境を有しており、この3国の間で人々の往来を管理することにはかなり困難が予想されます。これら2つの国は、国境に近い地域で旅行者に対するワクチンを調達し、(旅行者の)黄熱へのリスクを再評価するためにWHOに対して支援を要請しています。
中国(確定患者11人)、コンゴ民主共和国(確定患者16人)、ケニア(確定患者2人)の3か国では、アンゴラから感染輸出された黄熱患者が報告されました。これらの患者は、免疫を持たない旅行者により黄熱が国際的に拡がる危険性のあることを強調しています。
2016年3月22日に、コンゴ民主共和国(DRC)の保健省は、アンゴラと関連する黄熱患者をWHOに報告しました。2016年4月23日には、国土における黄熱の流行が正式に宣言されました。
4月26日現在、コンゴ民主共和国では黄熱患者37人(確定患者16人、可能性の高い患者21人)が報告されています。確定患者16人は全員が、発症前にアンゴラに旅行していました。現在、21人の可能性の高い患者の結果が待たれています。また、少なくとも国内で感染した可能性のある黄熱の可能性の高い患者2人が、コンゴ中央州のキンシャサおよびマタディで報告されています。
2016年4月9日に、ウガンダは南西部地域のMasaka(マサカ)県での複数の黄熱患者発生をWHOに報告しました。4月21日には、東部地域のRukungiri(ルクンギリ)県で黄熱患者1人が確定診断されました。4月27日現在、7つの地域から黄熱疑い患者39人が報告されています。患者6人(マサカ県5人、、ルクンギリ県1人)が検査で確定診断されました。入手できた情報に基づけば、ウガンダでの黄熱の集団発生は、疫学的にアンゴラとは関連性がないようです。
ウアンボとベンゲラにおける予防接種キャンペーンで、ワクチン接種率がこれまでの2週間で接種対象集団の59%と70%以上に達しました。ウイルスの流行を阻止するためには、投与されるワクチンの接種率を上げる必要があります。
それ故に、コンゴ民主共和国とウガンダは、これらの国の予防接種キャンペーンがGAVI Alliance(ワクチンと予防 接種のための世界同盟)によって行われるに適したGAVI Alliance国となっています。

リスク・アセスメント

アンゴラの集団感染は以下の理由で大きな懸念が残されています。
  ・ほぼ600万人がワクチン接種を受けているという事実があるにもかかわらず、ルワンダ州で国内
   感染が持続していること
  ・国内感染はルアンダ州を含む人口が密集する6つの州で報告されていること。
  ・近隣諸国への拡大のリスクが高いこと。既に、中国、コンゴ民主共和国、ケニアでアンゴラを旅行
   してきた確定患者が発生していること。
現地調査からは、コンゴ民主共和国には黄熱の国内感染のリスクが非常に高いと結論付けられています。

      黄熱患者の分布図(2016年4月24日現在)

20150502_WHO_YF_Fug1.jpg

出典

WHO. Situation Report, Emergencies. 28 April 2016
Situation Report; Zika virus disease, Yellow fever, Ebola virus disease
http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/205686/1/WHOsitrep_28Apr2016_eng.pdf?ua=1