2016年05月20日更新 出血熱患者の発生について -南スーダン

 2016年5月19日付けで公表されたWHOの情報によりますと、南スーダンの国際保健規則(IHR)国家担当者は2015年12月下旬から2016年5月上旬にかけて、出血熱患者が集団発生したことをWHOに報告しました。

報告の詳細
 
5月9日までに、死亡者10人を含む51人の疑い患者が、Aweil North(北アウェル:患者45人、うち死亡者10人)とAweil West(西アウェル:患者6人)から報告されました。患者の中で、医療従事者は報告されていません。疑い患者の大半(74.5%)は20歳未満です。最も新しい死亡者の記録は2月28日に遡ります。

 最も頻繁にみられる症状は、原因不明の出血、発熱、倦怠感、頭痛、嘔吐です。症状は重篤ではなく、全身状態の支持療法を行えば速やかに回復しています。現在、この病気が人から人に感染伝播したことの証拠はありません。

 患者33人の検体が、ウガンダ(ウガンダウイルス研究所)、セネガル(ダカールのパスツール研究所)、南アフリカ(伝染病研究所)にあるWHO共同検査センターに送られました。検体は、プラーク減少法による中和試験、ポリメラーゼ連鎖反応法、酵素結合免疫吸着アッセイ法の各試験によって検査されました。全ての検体が、クリミア・コンゴ出血熱、エボラ出血熱、マールブルグ熱、リフトバレー熱、黄熱、西ナイルウイルスおよびジカウイルスの何れに対しても陰性でした。 5本の検体がOnyong-nyon(オニョン-ニョン)ウイルスに対して陽性を示しました。3本の検体がチクングニアについて陽性を示し、1本の検体がデング・ウイルスに陽性を示しました。

 原因となる物質を確かめるために、さらなる検査が行われています。調査されている他の原因としては、細菌性疾患(例、レプトスピラ症)や食中毒(カビ毒類)が挙げられます。アルボ・ウイルスが感染伝播する疾患に対する生態学的なリスク要因が、感染の発生地で確認されました。

公衆衛生における取り組み
 
WHOからの支援により、この国の担当部局は、調査、新たに報告された全ての疑い患者の管理、感染の予防と管理の強化、並びに疾患調査活動の向上など、いくつもの公衆衛生における活動を行ってきました。また、出血熱についての住民の関心を高めるために地域集会が行われています。さらに、この国のWHO事務所からの要請に応じて、検査関連の消耗品がWHOアフリカ地域事務局から供給されました。

WHOのリスク評価
 
これまでに受けとった検査結果からは、報告された患者の症状(原因不明の出血)も高い死亡率も説明できていません。この公衆衛生上の事態の根本原因が不明であるために、綿密なモニタリングと、さらなる疫学的調査が必要とされています。

 流行は南スーダンの国境の街Darfur(ダルフール)で発生しています。ここでは、2015年8月から11月にかけて、死亡者120人を含め、少なくとも469人の診断が特定されていないウイルス性出血熱が報告されました。スーダンと南スーダンの国境付近では人々の交流が盛んなために、この病気が国際的に拡がるリスクは排除しきれません。WHOは、入手できる最新の情報に基づいて、疫学的な発生状況の監視とリスク評価を行っています。

WHOからのアドバイス
 
WHOは、入手可能な情報に基づく限り、南スーダンへの旅行や貿易のいずれも制限することを推奨していません。

出典

WHO. Disease outbreak news, Emergencies preparedness, response. 19 May 2016
Haemorrhagic fever syndrome - South Sudan
http://www.who.int/csr/don/19-may-2016-hf-south-sudan/en/