2016年08月08日更新 黄熱の発生状況(更新14)

 2016年8月5日付けで、WHOより黄熱の発生状況が公表されています。ここでは、概要、リスク・アセスメント、感染対策を取り上げます。アンゴラ、コンゴ民主共和国、ウガンダ、その他の国での個別の発生状況も掲載されていますので、詳細は原文でお確かめください。

概要

アンゴラでは、7月28日現在、疑い患者3,818人が報告されました。そのうち、確定患者が879人でした。死亡者数は369人で、そのうち119人が確定患者から報告されました。疑い患者は18ある全ての州から報告されました。確定患者は18州のうち16州で126地域のうちの80地域から報告されました。
集団予防接種キャンペーンは、ルアンダ州から始まり、現在では、感染が発生している他のほとんどの地域に拡げられています。最近は、このキャンペーンの焦点がコンゴ民主共和国との国境地域に当てられています。次のワクチン接種計画は18地区の300万人に焦点を当て、8月16日から開始されます。
最近、コンゴ民主共和国(DRC)の国立研究所における技術的な問題が解決し、滞っていた検体の検査分析が続けられています。7月27日までに、700検体から患者8人で黄熱に対する陽性反応がでました。新たな情報を収集するために調査が行われています。流行が始まってから、7月27日までに確定診断患者76人と死亡者95人を含む疑い患者数2,051人が報告されました。患者は国内26州のうちの5州22衛生行政地域から報告されました。確定患者76人のうち、67人はアンゴラからの感染輸入患者で、2人は(流行とは関係のない)森林型黄熱患者、7人は国内感染患者でした。キンシャサ州、コンゴ中央州、Kwango州、Tshuapa州、Lualaba州では、7月16日末の週にも、疑い患者が増加しています。
コンゴ民主共和国(DRC)では、感染対策としてのワクチン接種キャンペーンが、キンシャサ州Kisenso衛生行政地域、Kwango(クワンゴ)州Kahemba、Kajiji、Kisandji衛生行政地域で7月20日に開始され、7月29日に終了しました。キンシャサ州32衛生行政地域およびアンゴラと国境を接する15衛生行政地域で、8月末に開始する計画の予防接種キャンペーンへの準備が進められています。
コンゴ民主共和国キンシャサで流行の先手を取った集団予防接種キャンペーンでは、分割投与が実施される予定です。

160808_WHO_YF_report_Fig.jpg図1. 黄熱の確定診断患者の分布図[アンゴラ、コンゴ民主共和国
※アンゴラが7月28日現在、DRCが7月27日現在

リスク・アセスメント

アンゴラでの流行は終息に向かっており、7月に入り(7月28日までに)この国で新たな確定患者は報告されていません。しかし、全国規模で高度な警戒体制は維持される必要があり、流行の先手を取った集団予防接種キャンペーンは計画どおりに実施されます。
コンゴ民主共和国(DRC)では、流行が発生している3州の新たな保健行政地域で流行が拡がっており、警戒体制の強化を必要としています。ここ数日、もしくは数週で、技術的な問題が解消された国の検査施設に置かれていた検体からの確定患者が増えることが予想されます。Lualaba州とKasai州ではさらなる疑い患者が報告されているため、流行は他の地方に広がる可能性があります。この国で媒介するシマカ属の蚊の存在や活動性および国民の免疫能力が低い状態にあることを考えると、流行は他州にまで波及する可能性があります。
アンゴラやコンゴ民主共和国でのウイルスは大半が主要都市に集中しています。しかし、他州、特に、コンゴ民主共和国の中でもワクチン接種率が極めて低い人々がいる州の間で国内での感染が伝播し、拡大する可能性が高くなっています。

感染への対策

・現在の黄熱の流行に関する情報がWHOのウェブサイトで更新され続けられています(http://www.who.int/features/qa/yellow-fever/en/)。
・2016年8月4日の時点で、ワクチンがアンゴラでは2,120万人に、コンゴ民主共和国では1,150万人に、ウガンダでは約80万人に接種されました。
・ICG(黄熱ワクチン供給 国際調整グループ)およびWHOを通じて緊急に対応できるワクチンの数は510万本となっています。すでに流行への対策に割り当てられたワクチンの本数は含まれていません。

出典

WHO. Situation Report, Emergencies. 5 August 2016
Situation Report; Yellow fever
http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/247198/1/yellowfeversitrep-5Aug2016-eng.pdf?ua=1