2016年10月21日更新 西太平洋地域におけるジカウイルス感染症のリスク評価

 2016年10月11日に、世界保健機関(WHO)西太平洋事務局(WPRO)からこの地域でのジカウイルス感染症のリスク評価が発信されました。この地域を旅行する方は感染情報としてお役立てください。また、詳しくは、原文もご参照ください。

背景

 2016年2月1日に、WHO事務局長から、小頭症の集団発生およびその他の神経障害がブラジルで報告され、同様の集団発生が2014年にフランス領ポリネシアでも発生していたことから、国際的に協調して対策に取り組むことが必要な、国際的に脅威となる公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)の状態にあるとの宣言が出されました。

 この発表は、国際保健規則(IHR)の下で専門家会議が招集されて、行われました。

 2007年以降、2016年10月5日までに、蚊の媒介によるジカウイルスの伝播が73の国と地域から報告され、ジカウイルスもしくは先天性感染症と関係する可能性の高い小頭症およびその他の中枢神経系奇形が22の国と地域から報告されました。19の国からはギラン・バレー症候群(GBS)の発生数増加もしくは検査確認されたジカウイルス感染症患者でのGBSが報告されました。

 西太平洋地域は、アメリカ大陸に次いで2番目に多い感染の発生地域であり、2007年以降、19の国と地域で、現地で感染したジカウイルス感染症患者が報告されています。2016年には、この地域で、現地で感染したジカウイルス感染症患者が13の国と地域から報告されました。

 最初のジカウイルス感染症の大流行は、2007年4月に西太平洋ミクロネシア連邦ヤップ島で報告されました。国際保健規則(IHR 2015)に基づく初めての報告でした。この流行は、報告されたどの新生児奇形やGBSとも関係していませんでした。

 次いで、2013-2014年にフランス領ポリネシアでジカウイルス感染症の流行が発生しました。この流行では、新生児奇形が19例(小頭症8例など)報告され、GBSも42人報告されました。同時に、ここではデング熱も流行しました。報告された新生児奇形およびGBSとの関係は、後に、過去の資料からの研究で発見されました。2016年には、マーシャル諸島からも小頭症1例が報告されました。

 ジカウイルス感染症患者の報告は続いており、現地で感染したジカウイルスの患者も輸入による患者も、この地域では新たに発生する可能性が高くなっています。これには、この地域に生息する媒介可能な昆虫(蚊)、感染の発生地域を経てこの地域を出入りする大量の旅行者、大多数の住民が感染への抗体を持たないであろう免疫状態、などの要因があります。シンガポール、マレーシア、フィリピンも、最近報告された国となっています。

 2016年9月1日に、WHO事務局長は、IHR緊急委員会の助言に基づき、国際的に脅威となる公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)の継続を宣言しました。委員会は、ジカウイルスの疫学、臨床症状、感染予防に関して科学的根拠に基づく理解を深める必要性を強調しました。委員会は、WHOに対し、有効性のある調査活動、ジカウイルス感染症の管理に関する適切なガイダンスを、感染に弱く対応能力の低い国々に提供することも進言しました。

 公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)の宣言以降、西太平洋地域では、リスク評価を定期的に行っています。リスク評価の結果は、流行への準備計画と対策を手引きします。

リスク評価

 これまでに入手できている情報に基づき、西太平洋地域では、引き続き患者やジカウイルスの新たな流行が報告される可能性が高くなっています。これには、この地域に生息する媒介昆虫(蚊)の分布、感染が常在するもしくは発生する地域を出入りする大量の旅行者の存在、このウイルスに対する免疫力をもたない住民の存在などの要因が挙げられます。

 大規模な流行は小頭症やその他の中枢神経系の合併症をもって新生児が生まれてくる可能性を高めます。さらにはジカウイルスへの感染を切っ掛けとするGBS患者発生の可能性を高めます。

 そのため、西太平洋地域の国と地域に、重要なこととして、次のことを示します。
・患者と合併症を速やかに発見するために既存の調査体制を強化すること
・感染した人、家族、地域に対する治療支援、医療補助、援助体制を確立させ、強化すること
・支援研究を通してジカウイルス感染症の理解を向上させることに取り組む体制を確立させ、強化すること
・この公衆衛生上の脅威からの衝撃を和らげるために長期的な戦略を作成すること

 このリスク評価は、これまでに入手できている情報に基づいて作成されています。この評価結果は、新しい情報が入手できたときには変わる可能性があります。

出典

WPRO/WHO. Outbreaks and emergencies.
Zika Risk Assessment in the Western Pacific Region
http://www.wpro.who.int/outbreaks_emergencies/zika/WPR_Zika_RiskAssessment/en/