2016年12月09日更新 ジカウイルス感染症の発生状況 (更新43)

 2016年12月8日付けでWHOより発表されたジカウイルス感染症(いわゆるジカ熱)の発生状況に関する報告です。ジカウイルス感染症の発生状況は以下のとおりです。

情報更新の要点

先週、新しく蚊の媒介によるジカウイルス感染症が報告された国と地域はありません。
先週は、ニカラグアから、新しくジカウイルス感染症が関係する可能性のある小頭症その他の中枢神経系(central nerve system: CNS) 奇形が報告されました。
先週、新しくジカウイルス感染症と関連するギラン・バレー症候群(GBS: Guillain-Barré syndrome)が報告された国と地域はありません。
12月1日に、イギリスで初めてジカウイルスのヒト-ヒト感染の患者が報告されました。この患者は、発症までの6か月間に国外への渡航歴はありませんでした。そのパートナーは、最近、現在もジカウイルスの流行が報告されている地域を旅行していました。

分析

全体として、世界におけるリスク評価は変わっていません。ジカウイルスは、媒介する蚊が生息する地域で、地理的に拡大し続けています。いくつもの国、いくつもの地域で、ジカウイルス感染症の患者が減少する傾向が報告されていますが、警戒体制を強化しておくことが必要です。

発生状況

75の国と地域で、2007年以来(2015年以降、69の国と地域からです)蚊が媒介するジカウイルス感染伝播のエビデンスが報告されています。
 ・2015年以降、58の国と地域で流行発生が報告されました。
 ・7つの国と地域で、2016年に、蚊が媒介するジカの感染の地域感染の可能性やエビデンスが
  あります。
 ・10の国と地域で、2015年以前もしくは2015年に地域で蚊が媒介するジカウイルス感染のエビ
  デンスが報告されています。しかし、これらの国と地域では、2016年には患者が報告されてい
  ないか、又は流行が終息しています。
2016年2月以降、13の国でジカウイルスのヒト-ヒト感染のエビデンスが報告されました。
29の国と地域で、ジカウイルス感染症と関係する可能性の高い、または先天性の感染症が示唆される小頭症その他の中枢神経奇形が報告されました。ニカラグアが最も新しい国で、ジカウイルスへの感染に関係する可能性の高い小頭症2例が報告されました。
20の国と地域で、ギラン・バレー症候群(GBS)の発生数の増加、および/またはGBS患者でジカウイルス感染症の検査確認が報告されました。

出典

WHO. Situation Report, Emergencies. 8 December 2016
Zika virus, Microcephaly and Guillain-Barré syndrome
http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/251905/1/zikasitrep8Dec2016-eng.pdf?ua=1