2016年12月28日更新 パキスタンにおけるポリオ流行の総括(2016)

 2016年12月27日付でWHOより、パキスタンにおけるポリオ流行の総括報告が発表されました。

発生状況
 
パキスタンでは、Balochistan(バローチスターン)州Quetta(クエッタ)でワクチン由来のポリオウイルス2型が環境サンプルから検出されました。明らかに系統の異なる2つのウイルス株が、10月20日と11月28日に採取された環境サンプルから分離されました。ウイルスが分離されたのは環境サンプルからだけで、分離株とつながる麻痺症状に関係する患者はクエッタからも州内のどこからも発見されていません。

 パキスタンでは、野生型ポリオ1型の国内での伝播も発生が続いています。2016年には12月21日までに、野生型ポリオ1型患者19人が報告されました。報告された年間患者数はこれまでで最も少なく、国内での発生地域数も最低でした。

 この6か月間でのポリオ患者の大半は、保菌者が報告されていない地域、即ち、「第2、第3、第4地区」(ポリオ感染に弱く、再興の可能性がより高いと考えられている地区)からの報告でした。2016年2月以降、パキスタンでは、既知のポリオ保菌者からの野生型ポリオウイルスによる麻痺患者は発生していません。

公衆衛生上の取り組み
 
国際的に合意されたプロトコールに沿って、 クエッタおよび隣接する地区での1価の経口ポリオ2型ワクチンの対応が計画されています。一連のキャンペーンのうち、最初のキャンペーンが2017年1月2日に向けて計画されています。また、WHO、ユニセフ、その他の支援組織からの支援を受け、国の健康保健サービス省・規制調整局(MoHSRC)が、急性弛緩性麻痺(AFP)患者のさらに積極的な調査に乗り出し、このウイルス株の伝播をはっきりと確かめるために掘り下げた調査を行っています。パキスタンでは、この国に残るすべてのウイルス株の伝播を早急に遮断するために、ポリオ撲滅に向けた国の緊急行動計画を引き続き実施しています。

 報告される2型ウイルスが検出された地域は、アフガニスタン南部に拡がり、かつてより野生型ポリオウイルス1型の保菌者が見つかることの多い地域にあります。この地域で野生型ポリオウイルス1型の伝播を遮断することは、国、州政府、および地域の保健チームにおける最優先の事項となります。2016年12月、2017年1月と2月には、2価の経口ポリオワクチンを使って、両国および州レベルでの来るべきワクチン接種の巡回活動を高い質で実施するために、国および州の緊急作戦センターおよびポリオ感染対策の地区実行委員会で入念に準備が進められています。これらのキャンペーンは、日常に潜むウイルスで僅かながら野生型ポリオウイルス1型が免疫力の低い人々で保菌されるという残った隙間を埋める対策のために重要となります。

 高い質で(の活動を)確実に実行するために、準備では、最も感染リスクの高い地域に十分な人的・物的資源を割り当てることに重点が置かれています。その準備とは、接種機会を逃した子どもの理由を確認する運用計画の作成、予防接種チームの細かい計画の検証、ワクチン接種者の選定、訓練および指導、地域社会のリーダーを通した地域活動との関わりの強化などです。日常に潜む保菌者からの感染伝播に共同で取り組むために、すべての組織レベルでアフガニスタンとの間で緊密に調整が図られています。

WHOのリスク・アセスメント
 
WHOは、(歴史的に、アフガニスタンと疫学的に一塊としてこれらのウイルス株が拡大しているため)パキスタンとアフガニスタンに高頻度で日常の中に潜む保菌者から野生型ポリオウイルス1型が国際的に拡大するリスクを評価しています。また、WHOは、中等度から高頻度に日常の中に潜むワクチン由来のポリオウイルス2型保菌者についても評価しています。

WHOからのアドバイス
 
すべての国、特にポリオが発生している国や地域との旅行が頻繁で接触機会の多い国では、急性麻痺(AFP)症例の調査活動が強化され、新たな如何なるウイルスの感染輸入をも速やかに発見し迅速に対処できるようにすることが重要となります。国、地方、地域レベルで、如何なる場合も新たなウイルスが感染輸入されることの影響を最小限に留めるために、漏れることなく、定期予防接種を高い接種率で行うことも必要となります。

 WHOの国際旅行および健康部門は、ポリオが発生している国を旅行するすべての者に対しポリオの予防接種を完全に実行することを勧告しています。感染地域の居住者(および4週間以上の訪問者)は、旅行前の4週間から12カ月以内に経口ポリオワクチンまたは不活性化ポリオワクチン(IPV)を追加接種することが必要です。

 国際保健規則(IHR:2005)に基づき召集された緊急委員会でのアドバイスにしたがって、ポリオウイルスが国際的に拡大することを抑制するための取り組みは、国際的な懸念に対する公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)であるとされています。ポリオウイルスの感染が発生した国は、一時勧告の対象となります。PHEICの下で発行された一時勧告に強制力をもって従わせるために、ポリオウイルスの感染が発生した国は、国内に公衆衛生上の緊急事態であることを宣言し、国際間のすべての旅行者に対し予防接種の実施を検討する必要があります。ポリオウイルスを感染輸出しているすべての国は、出発前に国際間のすべての旅行者に確実に予防接種を行う必要があります。

出典

WHO. Disease outbreak news, Emergencies preparedness, response. 27 December 2016
Summary of poliovirus circulation in 2016 - Pakistan
http://www.who.int/csr/don/27-december-2016-polio-pakistan/en/