2017年01月25日更新 E 型肝炎の発生- チャド

 2017年1月24日に世界保健機関(WHO)の情報により、チャドでE 型肝炎の集団発生が公表されました。

情報の詳細

 2016年9月1日より2017年1月13日までに、急性黄疸の症候を示す患者(AJS)693人が、チャドのAm Timan(アム・ティマン)から報告されました。そのうち、11人は死亡しました。
 入院したAJS患者50人のうち、48人にE型肝炎ウイルスの迅速診断検査(HEV RDT)によりE型肝炎に対する検査が行われ、27人(56.3%)で陽性と判定されました。2017年第2週週末までに、合計で126人にE型肝炎ウイルスの迅速診断検査が行われ、E型肝炎に対して57人(45.2%)が陽性、69人(54.8%)が陰性の結果を得ました。E型肝炎に対して陽性であった患者57人のうち18人(31.6%)はマラリアに対しても陽性で、陰性であった患者69人のうち20人(29%)もマラリアに対して陽性でした。2016年9月以降、入院患者のうち11人の死亡が報告されていますが、全体の死亡症例は過小評価されている可能性があります。
 2017年1月13日までに、AJSを有する妊娠女性16人が入院し、E型肝炎に対する検査を受けました。このうち12人(75%)が迅速診断検査(HEV RDT)により陽性と判定されました。AJSを有する妊娠女性4人の死亡が報告され、このうち3人はE型肝炎に対する検査が陽性でした。
 AJSを有する患者のうち約90%では、大流行が発生している疫学上の中心がアム・ティマンにあるであろうと報告されました。患者の大半は症状を示した患者の所見によって確認されています。2017年1月13日の時点で、AJSを有する患者は、59の異なる区画とアム・ティマンの周辺から報告されています。

公衆衛生上の取り組み

 感染の流行への対策と個々の事象への対応として、世界保健機構(WHO)と保健省は、発生の規模を把握するために全地域の調査を実施しています。また、この国のWHO事務所は、アム・ティマン以外からの待ち受けと積極的な調査活動の強化、診断定義の作成、調査活動の必需品、個々の患者の管理プロトコール、診断アルゴリズム、患者の入院基準の定義なども支援しています。さらに、WHOは、アム・ティマンの飲料水と衛生環境に関する要請に対応するために支援組織を積極的に求めています。

WHOによるリスクアセスメント

 入手できている情報によれば、この5週間は感染が発生している地域から報告される患者数は平均70人で平衡状態にあるようです。このうち、入院を必要とする患者の割合は7.2%ほどです。感染リスクは、アム・ティマンとその周辺に限られるとみられています。しかし、この事態は、WHOのすべてのレベルでの厳重な監視の下に置かれています。現在、さらに感染が拡散するリスクのレベルは、中程度から高度のレベルにあると考えられています。現地のレベルでは、これまでのところ対応能力に限りがあり、さらなる直接の支援、特に、飲料水と衛生環境、地域活動の観点からの支援が必要です。

WHOからのアドバイス

 WHOは、流行発生の時間、場所、および患者の特徴を把握し、感染源を確認するために症例定義を明確にして調査を続けることを勧めています。表層水における汚染源を特定することは重要であり、その間に、住民が使用する場所では塩素処理による飲料水の安全性を確保する必要があります。チャドを旅行する者は、旅行者における飲み水と食べ物の安全性に関して推奨されている標準的な衛生習慣に倣うことが必要です。E型肝炎は人から人への感染リスクは非常に低いため、これらの習慣が旅行者をE型肝炎から守ることになります。

出典

WHO. Disease outbreak news. Emergencies preparedness, response. 24 January 2017
Hepatitis E - Chad
http://www.who.int/csr/don/24-january-2017-hepatitis-e-chad/en/