2017年07月07日更新 髄膜炎菌敗血症- リベリア

 2017年7月6日にWHOから公表された、2017年5月5日と5月10日に公表された疾病発生の緊急ニュース「原因不明の病気の発生での集団死亡- リベリア」からの最新情報です。

情報の詳細

 リベリア保健省から2017年4月25日に、Sinoe(シノエ郡)で原因不明の突然死が集団で発生したことがWHOおよび支援組織に報告されました。この事例は、2017年4月22日に、ある地域の首長の葬儀に11歳の子どもが参列した後に、下痢、嘔吐、意識混濁を現し、4月23日に病院に入院したことで始まりました。この子どもは、入院の1時間後に死亡しました。

 4月23日から5月7日までに、葬儀に参加したことに関連して、死亡者13人を含む患者31人と、原因不明の神経学的後遺症をもつ患者1人が、3つの群落(シノエ郡、グランドバッサ郡、モンセラード郡)から報告されました。ほとんどの患者に発熱はありませんでしたが、腹痛、下痢、嘔吐、意識混濁の症状を呈していました。何人かの患者は紫斑や点状発疹を示していました。患者のほとんどは、互いに、地域や家族を通して、また、学校を通して、関係がありました。2人の患者を除けば、葬儀に参列し、その後、感染の発端となる患者との接触が確認されました。

 2017年5月8日に、保健省は、米国疾病対策予防センター(CDC)での分析で、患者から採取された検体が髄膜炎菌C型に陽性であった判明したことを支援団体および国民に発表しました。このため、この感染の発生は髄膜炎菌の発症として分類されました。その後、患者31人のうち14人から、リベリア国立中央研究所で実施された臨床検体でのPCR法検査によって髄膜炎菌C型の存在が確認され、または、電撃性紫斑により臨床的に(髄膜炎菌感染症と)診断されました。検査結果は、南アフリカ共和国ヨハネスブルグの国立感染症研究所(NICD)および国立労働衛生研究所(NIOH)によって確認され、また、患者3人の血清学的検査はフランス・パスツール研究所によって確認されました。この集団感染の時間的な特徴は、共通因子の存在から仮説を立てた珍しいものです。

 また、2017年5月8日には、保健省は、CDCが尿検体に対して実施した3人の患者の毒物調査からは集団発生の原因が中毒であるとは示唆されなかったことを支援団体および国民に発表しました。検体は、農薬の代謝産物や有毒金属についても分析されました。

 2017年6月20日に、保健省は、オーストリア・ウィーン・分析化学センターで行われた食品試料、水および葬儀中に消費されたソフトドリンクに関する毒物調査の結果、中毒は示唆されていないことを発表しました。試料は600種類以上の真菌および細菌毒素について分析され、これらは未検出か、検出限界の範囲内にありました。

公衆衛生上の取り組み

 WHO、CDC、アフリカ疫学ネットワーク(AFENET)、およびその他支援団体からの支援を受けた保健省は、警報が出た1日後には現地調査を開始しました。集団感染の発生時には何の病気も確認されませんでしたが、エボラ出血熱(EVD)は警報の24時間以内に診断除外されました。

 リベリア国立公衆衛生研究所は対策の主導を開始しました。WHO、CDC、ユニセフ、およびMSFにより現地の対策が強化され、国際的な協力体制と情報の共有が、GOARN(地球規模感染症に対する警戒と対応ネットワーク)を通じて、支援されました。そこでは、次のような対策活動が実施されました。
・シノエ郡の患者のほとんどは、シノエ郡の中心地Greenvilleの病院で管理され、エボラ出血熱のプロトコールに従って治療されました。
・感染の予防と制御のための対策が現地の病院で実施されました。
・積極的な患者捜査の実施と、葬儀の参列者の確認が行われ、患者と濃厚な接触のある者には21日間の経過観察が行われました。
・患者2人については検死解剖が行われました。
・約70本の検体(臨床検体58本および食品試料12本)が検査施設での分析のために収集され、Margibi(マージビ)郡の国立中央研究施設、米国、フランス、南アフリカ共和国、およびオーストリアに送付されました。
・参列者、患者との接触者、医療従事者、埋葬職員の全員に、予防投与薬が配布されました。
・髄膜炎菌C型のワクチン接種戦略についても議論されましたが、二次感染が起きていないために実施されませんでした。
・ユニセフの支援を得て、社会的な地域活動が実施されました。

WHOのリスク評価

 この集団感染の疫学が明確に解明されない場合には、再発のリスクを除外することはできません。しかし、髄膜炎菌病の疫学に関する現時点での理解に基づけば、このリスクは低いと考えられています。

 この事例への迅速で有効性のある対応は、2014年に起きた大規模なエボラ出血熱の後に、リベリアでまとめられた専門知識の成果です。このことは、この事例の素早い確認、検査、集団感染の原因としてのエボラ出血熱の検査と除外、接触者の確認と彼らの追跡調査、人や環境中の試料を検査分析するための国と支援団体との協力を導きました。そして、この病気の原因を特定することに導きました。

WHOからのアドバイス

 WHOは、現在の事態において入手できた情報に基づく限り、リベリアへの旅行および貿易に関する制限は勧めていません。

 WHOは、髄膜炎菌による髄膜炎および流行しやすい病気として、リベリアでは、髄膜炎菌性敗血症を通常の調査活動に含めることを勧告しています。

出典

WHO. Disease outbreak news, Emergencies preparedness, response. 6 July 2017
Meningococcal septicaemia associated with attending a funeral - Liberia
http://www.who.int/csr/don/06-july-2017-meningococcal-septicaemia-liberia/en/