2017年08月03日更新 ポリオの流行期に備える- パキスタン

 2017年7月31日に、WHO東地中海地域事務局(EMRO)から、現在も野生型ポリオ・ウイルスへの感染が残るパキスタンの状況についての記事が掲載されています。これを、紹介致します。

記事の詳細

 2016年10月以降に行われた国による5つのキャンペーンにより、パキスタンは今後に向けた課題によい位置で向き合っています。

 2017年5月末の時点で、パキスタンでは、3,800万人を超える5歳未満の子どもにポリオ・ワクチンが接種されました。このキャンペーンの期間中、訓練を受けた25万人を超えるポリオ活動員が、この手足に障害を残す病気に備えて、1軒毎に、国内全土で、子どもたちにワクチンを接種しました。

 これは、2016/2017年のポリオ・ウイルス感染「非流行期」に行われた全国5つのワクチン接種キャンペーンうちの1つでした。パキスタンでは、10月から5月にかけて気温が下がるためにウイルスの活動性が低く、ポリオ根絶のための専門家にウイルスの先回りする機会を与えてくれます。

 5月のポリオ・キャンペーンの終了は、ポリオ・ウイルスへの感染「流行期」の始まりでもあります。子どもたちへのポリオ・ウイルスの感染力は、高温と多雨によって高まります。その結果、6月から9月にかけては、ウイルスの伝播が大きくなると考えられています。

より多くの子供たちにワクチン接種を

 キャンペーン後の独自の調査によれば、2016/2017年のポリオ・ウイルス感染「非流行期」にワクチン接種を受けた子どもの割合が着実に増えたことにより、接種対象となる子どもの92%がワクチンを接種するという全体での目標を、5月のキャンペーンで達成しました。 ワクチン接種率が最も高かったのは、国内で感染リスクが最も高い地域であるKhyber Pakhtunkhwa(KP、カイバル・パクトゥンクワ州)、Sindh(シンド州)、および連邦直轄部族地域(FATA)です。この9か月間に、KPでは84%から95%に、シンド州では77%から93%に接種率が上がりました。

 しかし、ワクチン接種率を95%まで上げるには、さらなる活動が必要となります。 Balochistan(バローチスターン州)、Islamabad(イスラマバード首都圏)、Azad JammuおよびKashmir(アザド・カシミール)、Gilgit Baltistan(ギルギット・バルティスタン州)ではこの基準に達していません。FATAは、過去3回のキャンペーンで一貫して95%以上の接種率を達成した唯一の地域となっています。

 「流行期」が始まったことにより、パキスタンでは、これらの現状とのギャップおよび課題に対処できるように体制が整えられています。現在の状況は地勢学的にウイルスをとどめており、私たちがこれまでに国内でみてきたベストの状態を維持しています。患者数は、2014年の306人から2015年には53人に減少し、2016年には20人減少しました。今年は、パキスタンで現在までに報告されたポリオ患者数は3人です(昨年の同時期には13人)。 しかし、この進展は、これまで以上に見逃す機会が増えることを意味します。非流行期のキャンペーンは、流行期中にウイルスと戦うために、ポリオ(撲滅)計画をよりよい条件に整えました。

環境中のポリオ・ウイルス

 新規の野生型ポリオ・ウイルス患者数は、過去最低レベルにとどまっていますが、環境調査システムからは、(まだ)このウイルスが子どもたちにとって深刻な脅威であることを示しています。今年5月のポリオ・ウイルスの陽性率は18%に達しました。2016年5月のポリオ・ウイルスの陽性率は10%でした。特に、環境中でのウイルスの存在は、Quetta(クエッタ)区画、Karachi(カラチ)およびの双子の都市(イスラマバードとラワルピンディ)で高くなっています。この(撲滅)計画は、(予防接種を)受け損ねた子どもたちに焦点をあてて、これらの課題に取り組み、制度の下で対策を進めるとともに、毎回、ウイルスが秘かに存在する場所を取り除くことで、継続してキャンペーンの質を向上させています。

次の「非流行期」に備えて

 政府の指導者は、国レベルおよび州レベルの緊急オペレーションセンターを中心に実施される国家緊急行動計画(NEAP)に全面的に関わっています。この計画では、科学的な根拠を基に意思決定することに重点を置いて、世界ポリオ撲滅イニシアチブ(GPEI)のすべての支援者たちと政府を一体としたチームとして、ポリオ根絶への活動の中心となる最前線の活動員の欠かせない役割、活動状況の管理と結果に対する責任に対する効果的な(見落としの)監視、アフガニスタン - パキスタンでの疫学的な共通区画での(活動の)調整に重点が置かれています。(ポリオの)根絶が最終段階に移行するにつれて、今年、これまでにアフガニスタンで発生したポリオ患者4人に国境を越えた緊密な調整が行われ、これが両国での成功にますます重要になってきています。

出典

EMRO/WHO. News. 31 July 2017
Pakistan prepared for polio high season
http://www.emro.who.int/pak/pakistan-news/pakistan-prepared-for-polio-high-season.html