2017年08月07日更新 デング熱の発生状況- コートジボワール(更新)

 2017年8月4日に公表された世界保健機関(WHO)の情報によりますと、2017年5月6日に、コートジボワール保健省から、Abidjan(アビジャン)でデング熱の流行が発生していたことが世界保健機関(WHO)に通知されました。

デング熱の発生状況

 デング熱疑い患者は4月22日に報告され、2017年4月28日に、コートジボアールのパスツール研究所で確認されました。7月11日の時点で、死亡者2人(致死率0.3%)を含め、疑い患者623人が報告されています。合計192人の患者が、PCR法検査によって確認されました。デング熱2型が66%、デング熱3型が29%、デング熱1型が5%でした。また、検体90本で、血清学的にIgMに陽性であることが確認されました。

 ほとんどの患者がアビジャンから報告されました。(アビジャンの)Cocody Bingerville保健区で患者の78%が、すべての確定患者の80%が発生していました。デング熱疑い患者の全般的な増加傾向が、高まってきています。2017年6月27日から7月4日までに、新たな患者37人が報告されました。2017年7月4日から11日までには、新たな疑い患者142人が報告されました。疑い患者の27%が15歳から29歳まで、55%が30歳以上の年齢層で、患者の54%が女性でした。黄熱との重複感染が患者68人で疑われ、うち1人で確認されました。現在も、確認検査が行われています。

 この流行の主な要因には、蚊の繁殖地の密度が高いこと、地域社会の中で蚊の繁殖地や蚊刺しに対する注意が不十分であること、雨期が続いていることなどがあります。

公衆衛生上の取り組み

 国立公衆衛生研究所(Institut National d'HygiènePublique:INHP)を通して、保健省は、この流行への対策の調整を図っています。

 (壊れたり、変形したり、棄てられたり、再利用のために保管されたりしている不必要なコンテナは蚊の幼虫の繁殖地となることから)、繁殖地の削減対策による(幼虫の)撲滅や蚊の成虫の撲滅のための(殺虫剤)散布など、媒介蚊への駆除対策が行われています。17,000世帯以上で(蚊の繁殖地の)点検が行われ、250,000を超える蚊の繁殖場所が除去と(殺虫)処理が行われました。

 積極的な患者の発見、確認検査のための検体の採取、および患者の診断定義の普及などにより、調査能力は向上しつつあります。民間の医療施設が、この病気の調査と管理に対して活躍しています。

 また、地域社会の参加への強化は、進行中の対策のもうひとつの柱となっています。政治、宗教および地域社会の指導者たちは、デング・ウイルスへの予防と管理に感心を寄せています。保健省は、流行を制御するための対策に街の市長らにも参加させています。

WHOのリスク評価

 観察される全体でのリスクは、国内レベルでは中程度です。 気象条件や、都市および都市郊外並びに最初に調査されて昆虫学的指標が高いとみられた環境をもつ沿岸地域などは、国内でデング熱が流行する危険因子となります。同時に、適切に患者が治療を受ければ、致死率が低いことも示されています。この流行を抑えるには、医療従事者の教育の強化、媒介する蚊の駆除、検査および調査(の強化)への取り組みが重要です。地域レベルでのリスクは中程度です。一方、世界レベルでのリスクは低い(とみられています)。

WHOからのアドバイス

 現在、コートジボワールで発生しているデング熱の流行は、この病気が西アフリカのもっと広範囲で発生しているという緊急事態の流れの中で起こっています。デング熱の地理的な分布は範囲を拡げており、これまでに報告されていない地域でも、患者が報告されています。患者の報告は、コートジボワールにおける流行発生の調査活動を確実に継続する上で、強化されるべきです。国内での媒介蚊の調査も重要です。WHOは、この流行の発生中に、確定検査の診断能力を強化することを推奨しています。

 WHOは、現在、デング熱の流行に関して入手できている情報に基づく限り、コートジボワールへの旅行および貿易に関して如何なる制限を行うことも勧めてはいません。

出典

WHO. Disease Outbreaks news, Emergencies preparedness, response 4 August 2017
Dengue fever - Côte d'Ivoire
http://www.who.int/csr/don/04-august-2017-dengue-cote-d-ivoire/en/