2017年12月27日更新 乳児用ミルクによるサルモネラ感染症- フランス

 2017年12月22日にWHOから公表された情報によりますと、フランスで国際的に流通している乳児用の乳製品に関連してサルモネラ感染症が発生しているようです。

情報の詳細

 2017年12月2日に、フランス保健当局によって、6か月未満の乳児において、サルモネラ菌agona(アゴナ)株に感染する患者が増えていることが確認されました。その後の調査で、フランスで乳製品全般を供給するラクタリス・グループ(Lactalis Nutrition Santé)が製造する乳児用調合乳製品で、サルモネラ菌(血清型)アゴナ株への感染の集団発生が確認されました。

 12月21日までに、フランス各地で、6か月未満の乳児のサルモネラ菌アゴナ型・感染症の確定患者35人が確認されています。(このうち)乳児16人が入院しましたが、全員が完全に回復し、死亡者は報告されていません。

 集団発生は、特別な医療の必要性を持つ幼児向けに製造された製品など、乳児用調合乳製品4種類の使用と関係していました。12月10日に、ラクタリス・グループ(Lactalis Nutrition Santé)は、2017年2月15日から現在までに製造された600以上の関連製品(7000トン以上)を回収し、撤去しました。関連する幼児用の調合乳製品は、国際的に50を超える国と地域に供給されていました。

 2017年12月21日に、ラクタリス・グループは、2017年2月15日以降にCraon工場で製造または梱包された乳児用製品および栄養食品すべてを含めて、新たに回収を実施しました。この回収の拡大に伴い、流通した製品への追跡の取り組みが行われており、(感染症)発生の確認のために、国際食品安全当局ネットワーク(INFOSAN)を通じて、感染の発生している国との情報交換が行われています。

公衆衛生上の取り組み

 フランス担当部局は、2017年2月15日以降にラクタリス・グループ(Lactalis Nutrition Santé)が製造したいくつもの乳幼児用調合乳製品の販売と輸出の停止、および回収を命じました。12月9日に、保健当局は、フランス国内の薬剤師と保健施設に対して、3件の警告文書を通知し、懸念される製品の配布を停止させました。

 2017年12月15日現在、回収が行われている乳児用製品が輸出されているのは、次の48の国(フランスを含む)と地域です。

 アフガニスタン、アルジェリア、アンドラ、バーレーン、バングラデシュ、ブルキナファソ、カンボジア、カメルーン、中国、コンゴ、キプロス、コートジボワ-ル、フランス、ガボン、ジョージア、ギリシア、ギニア、ハイチ、香港(中国)、イラク、コソボ、クウェート、レバノン、マダガスカル、マリ、モナコ、モロッコ、オランダ、パキスタン、パラグアイ、ペルー、カタール、ルーマニア、サウジアラビア、セルビア、セーシェル、スロベニア、スペイン、スーダン、スイス、台湾(中国)、トーゴ、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、ベトナム、イエメン、旧ユーゴスラビア共和国のうちマケドニア共和国

 また、この製品は、フランスの海外領土および海外県にも配給されています。

 国際食品安全当局ネットワーク(INFOSAN)事務局と緊密に連絡を取りながら、フランスの国際食品安全機関(INFOSAN)緊急連絡室は、欧州連合(EU)以外の供給国のINFOSAN緊急連絡室(や各国のIHR担当者ら)に対しては、各国での調査、回収、リスク管理への対策を促進するために、関係する製品の詳細な供給先についての情報を提供しています。EU内の各国には、欧州・食品・飼料緊急警報通知システム(RASFF)を通じて、情報を直接提供しています。

WHOのリスク・アセスメント

 関係する製品は、これを使用する乳児(重篤な疾患や合併症のリスクがあり、感染に弱い乳児層)に重篤な病態を起こすリスクがあります。集団感染の発生源を特定するために、フランスの担当部局による調査が行われています。厳格な管理への対策が講じられてきましたが、これまでにも同様の集団での感染が発生しています。これまでの集団感染は、他の製造業者や地理的に複数の場所と関連していました。

 粉末状の乳児用調合乳は無菌製品ではありません。サルモネラ菌は、原材料にかなり含まれており、長期間の厳しい乾燥条件下でも生存が可能です。ぬるま湯で製品を調製すると、最初は低レベルであったサルモネラ菌が急速に成長/増殖することが可能になり、行き着くところ、乳幼児に重篤な病態や感染の発生を引き起こすことがあります。

WHOからのアドバイス

 WHOは、この事態について入手できている最新の情報に基づく限り、フランスへの旅行や貿易にいかなる制限を設けることにも反対の立場を示しています。

 これらの製品を使用した子どもが、発熱の有無にかかわらず下痢などの症状を示した場合、その親はできるだけ早く医者に(子どもを)診せることが勧められます。サルモネラ菌アゴナ株が検出された患者は、国の保健当局に届蹴られることが必要になります。

 消費者は、オンラインで入手できる粉末状の乳児用調製乳に対して、安全への備え、保管および取り扱いに関して、FAO/WHOのガイドラインに従うことが勧められます。

 感染の発生したいくつかの乳製品の代替品を使用できない場合には、使用する乳製剤を70℃で2分間加熱し、乳児に与える前に37℃まで冷まして使用することを、フランス当局は勧めています。これで、サルモネラ菌を不活性化させることができるため、適切な代替製品が確認されるまでは、暫定的・実用的な解決策として(この方法を)用いることができます。

出典

WHO. Disease outbreak news, Emergencies preparedness, response. 22 December 2017
Outbreak of Salmonella Agona infections linked to internationally distributed infant formula - France
http://www.who.int/csr/don/22-december-2017-salmonella-agona-infections-france/en/