2017年12月28日更新 ポリオの発生状況-シリア(更新2)

 WHO東地中海地域・シリア事務局より、12月19日付けでのポリオの発生状況が発表されています。

1219日時点での発生状況

 今週、新たなワクチン由来ポリオ2型患者は報告されていません。(発症日に基づく)直近の患者は、2017年9月21日にBoukamal地区で発生しています。

 ワクチン由来ポリオ2型患者の総数は74人となりました。

 この流行対策における第2期段階に向けて、計画が進められています。世界ポリオ撲滅イニシアチブ(GPEI)は、シリアがこの計画を推進することを後押ししています。

 この流行対策における第2期段階では、ワクチン接種センターを設置し、2型単価の経口ポリオ・ワクチンと不活化ポリオ・ワクチンを使って、さらに2回、戸別に接種して回ることになっています。

ワクチン接種への対策

 流行が発生して以降、Deir Ez-Zor(デリゾール県)とRaqqa(ラッカ県)では2回の大規模な予防接種が行われ、35,000人を超える住民、難民および国内避難民に、2型単価の経口ポリオ・ワクチンが接種されました。

 また、WHOとUNICEFは、シリア政府や地方行政府と協力し、デリゾール県、ラッカ県、Aleppo(アレッポ県)、Idleb(イドリブ県)、Hama(ハマー県)、Homs(ホムス県)および首都ダマスカスの都市部や郊外ならびにHasakah(ハサカ県)の感染リスクの高い地域で、2か月から23か月の幼児を対象に不活化ポリオ・ワクチンの接種を行っています。

 この上の年齢層への拡大・予防接種プログラム(EPI)の担当者は、感染対策チームとともに、第2期段階での今後の予防接種・活動の準備を行っています。(対策)チームは、人口動態や新たに接種環境が整った地域を組み入れて、細かな計画を検討し、更新しています。また、ワクチンを運ぶための道路やワクチン配給のためにセンターを示した地図も作成しています。

 流行への対策の第2段階に向けて、(活動の)推進や社会活動の動員の計画で伝えられる情報も確定されました。

 流行への対策の第2段階に向けて、2価の経口ポリオ・ワクチン815,000回分の搬出が進められています。

 最近は、活動中のデータを収集する医療関係者への研修が行われたことに続いて、今週、冷蔵過程での対処能力に対する現地評価が、ワクチンと予防接種のための世界同盟(GAVI)からの基金提供によって、利用できるすべての医療施設で行われました。

 イドリブ、アレッポ、ハマー、ラッカの各県では、定期・予防接種サービスが再建されています。

(活動の)調整と強力な支援

 WHOとUNICEFは、感染の発生状況を監視しながら、合同の緊急対策センター(EOC)を通じて、Gaziantep(ガズィアンテプ)とダマスカスを拠点に、情報の交換および対策の支援を行っています。

調査状況の要約

 2017年に、シリアと4県を除くすべての行政府は、急性弛緩性麻痺(AFP)の調査活動(の必要性)[15歳未満の子ども10万人あたり3人以上の非ポリオ患者の発生]およびAFPにおいて80%以上で適正な検体を採取すべきという重大な指標を満たすこととなりました。デリゾール県(77%)、ラクカ県(73%)、ダマスカス郊外(76%)、Swieda(スワイダー県、63%)は、便の採取の適正である80%を満たしていません(感染が発生している状況では、対象者は15歳未満の子ども10万人につき3人以上の非ポリオAFP患者が対象)。

 AFPの調査活動を強化するための取り組みが進められています。AFP患者とのすべての接触者からの検体の採取が続けられ、感染が確認された地域に住んでいた健康な子ども及び感染が発生していない地域(2017年にAFP患者が報告されていない地域)の子どもからも糞便検体が採取されています。また、ラッカ県とハサカ県の(難民)キャンプで活動する医師の間では、AFP患者の報告に注意が払われています。

 2017年以降、デリゾール県で確認されたAFP患者の総数は、153人(Mayadeen地区から109人、Deir Ez-Zor地区から18人、Boukamal地区から26人)です。ラッカ県ではAFP患者 26人(Raqqa地区から11人、Tell Abyad地区から13人、Thawra地区から2人)が報告されています。ホムス県の行政府からはAFP患者47人(ホムス市から23人、Rastan地区から20人、Tadmour地区から1件、Talkalakh地区から3人)が報告されています。

 ダマスカスには、新たに環境監視の検査施設が設立されました。WHOは、保健省、水資源省からの調査担当者や職員の研修を主導してきました。

 現在、ゲノム配列決定の検査過程にあるポリオ・ウイルス2型分離株1株があります。

出典

EMRO/WHO. News. Syrian Arab Republic. Situation update 19 December 2017
Situation reports on the polio outbreak in Syria
http://www.emro.who.int/syr/syria-infocus/situation-reports-on-the-polio-outbreak-in-syria.html