2018年02月14日更新 ポリオ・ワクチンの接種への取り組み-アフガニスタン(更新)

 2018年2月12日付けでWHO東地中海地域・アフガニスタン事務局より公表された情報によりますと、今年に入り既にポリオ患者3人が発生しており、ポリオ・ワクチンの接種への取り組みが強化されています。

記事の概要

 2月12日は、特に(感染)リスクが高いとみられる州でポリオ・ワクチン接種キャンペーンが実施される開始日と記されています。

 23州、約610万人(millionを補って翻訳)の子どもたちにワクチンが接種されることになっています。今回の接種キャンペーンでは、2週間前に終了した(接種)ラウンドに続き、感染伝播の少ない季節を利用して、(感染)リスクのある子どもたちに免疫を構築することになっています。

 ワクチンは、ポリオに対する唯一の防御方法です。この病気は、子どもたちに麻痺を起こします。(そして)ポリオに治療法はありません。

 この数か月の間に、このウイルスは、アフガニスタン南部および東部の環境中から分離・抽出されました。環境中でのウイルスの存在は、国内の異なる地域およびパキスタンとの間で人口移動が大きいことから、今まで以上にポリオへの感染リスクを子どもたち全てにもたらすことになります。

 子どもたちに速やかに免疫を構築し、環境中にあるウイルスから防御するために、5歳未満の子どもたち全てに対し、短期間に、少なくとも2回の接種が行われる必要があります。このため、これまでのワクチン接種状況にかかわらず、すべての子どもたちがこのラウンドで予防接種を受けることが必要となります。前回のラウンド中に接種を受けられずに、このラウンドで予防接種を受けた子どもたちは、1週間後に最も近い保健施設で2回目の接種を受けることが必要です。

 ポリオ・ワクチンは、野生型ポリオ・ウイルスに対して十分な防御機能を構築するために、複数回投与されるように設計されています。

 「キャンペーンの各ラウンドでの着目点や(接種)間隔は、その活動地域の子どもたち全員に接種が行われることの必要性に基づいて、専門家によって設計されています。したがって、どのラウンドのキャンペーンでも、5歳未満の子どもたちは全員がワクチン接種を受けなければなりません。接種機会を1回逃しても、子どもにはポリオに感染するリスクが生じます。」「私たちが使用しているワクチンは、世界で最も優れたものであり、他のどの国でも同じワクチンが使われています。」と公衆衛生大臣Ferozuddin Feroz博士は述べています。

 キャンペーンの期間中、講習を受けたポリオ(ワクチン接種)担当者は、自分たちの地域社会の家庭1軒ずつを回って、子どもたちにワクチンを接種していきます。金曜日には、ポリオ・チームが、すべての子どもたちが確実にワクチンを接種し、防御(を構築)できるように、ワクチン接種を受けられなかった全ての子どもたちの家庭に、再訪問することになっています。

 ポリオ・ワクチンは、Ulama(神学者)を含めて、国内および世界の著名なイスラム学者からも強く支持されています。

 アフガニスタンでは、2018年に、既にポリオ患者3人が発生しました。Nangarhar(ナンガハール州)で1人と、Kandahar(カンダハール州)で2人です。今日から始まるキャンペーンは、2018年に国と国に準ずる規模で行われる予防接種キャンペーン合計9回のうちの2回目です。

 これらの取り組みのゴールは、2018年中に、アフガニスタンにおけるポリオ伝播を完全に遮断することです。

出典

EMRO/WHO. News, Afghanistan. 12 February, 2018
6.1 million children in the high risk areas of the country need to receive their second dose of polio vaccine in less than two weeks
http://www.emro.who.int/afg/afghanistan-news/61-million-children-in-the-high-risk-areas-of-the-country-need-to-receive-their-second-dose-of-polio-vaccine-in-less-than-two-weeks.html