2018年05月18日更新 コンゴ民主共和国の都市部で確認された1つのエボラ病症例

 2018年5月17日、コンゴ民主共和国北西部赤道(Equateur)州の州都ムバンダカ(Mbandaka)(人口約120万人)にある3つの保健医療圏の1つであるワンガタ(Wangata)保健医療圏において、エボラウイルス病(EVD)の1つの新しい症例が確認された。

 コンゴ民主共和国保健省は、国立医生物学研究所(Institut National Recherche Biomedicale)が実施した(PCR)検査で、1つの検体についてエボラウイルス病が陽性であることを確認した後、これを発表した。

 これまでに確認されたエボラ病症例は、すべて赤道州内ではあるが、ムバンダカから約150kmのところにあるビコロ(Bikoro)保健医療圏から報告された。ビコロの医療施設の機能は限られており、エボラウイルス病が発生している地域は交通の不便な場所であり、特に現在のような雨期にはしばしば道路が使えなくなるため、アクセスすることが難しい。

 WHO局長Tedros Adhanom Ghebreyesus博士は、「これは開発に関するものですが、私たちには今エボラと戦うために、これまで以上に優れたツールが用意されています。」と述べた。「WHOと我々のパートナーは、このウイルスのさらなる拡散を止めるための決定的な行動を起こしています。」

 WHOは約30名の専門家を派遣して、ムバンダカ市内でサーベイランスを実施しており、エボラウイルス病の予防および治療と新しい症例の報告のために、コンゴ民主共和国保健省および(赤十字国際連合(IFRC)、国境なき医師団(MSF)、米国疾病管理予防センター(CDC)等の)パートナーと協力して現地で活動している。

 WHOアフリカ地域事務局長Matshidiso Moeti博士は、「エボラの都市部への到着は非常に懸念されており、WHOと各パートナーは協力して、ムバンダカにおいて確認された症例とのすべての接触者を速やかに把握すべく努めている。」と述べた。

 WHOは、特別隔離病棟においてエボラ患者を治療するために、医療施設の能力強化を国境なき医師団(MSF)などのパートナーと協力して行っている。

 5月15日時点で、合計44件のエボラウイルスの症例が報告され、うち3件が確定例、20件が可能性例、21件が疑い例である。

出典

2018年5月17日 WHOニュースリリース
http://www.who.int/news-room/detail/17-05-2018-who-concerned-as-one-ebola-case-confirmed-in-urban-area-of-democratic-republic-of-the-congo