感染症についての情報

ダニ媒介性脳炎 Tick-Borne Encephalitis

ダニ媒介脳炎はダニ媒介脳炎ウイルスがうつることによってかかる病気で、人から人へは滅多にうつりません。

どうやってうつる

ウイルスをもつダニに咬まれることによりうつります。このウイルスに感染した動物から生産された乳製品からうつることもあります。まれに、輸血や母乳からうつることがあります。

症状

4~28日間の症状のない期間があった後、頭痛、筋肉通、倦怠感や発熱が起こります。そのままなおる場合もありますが、悪化すると、脳に障害が出るようになり、呼吸ができなくなることがあります。重症型の場合には死亡することがあります。
2/3くらいの人は何の症状もおこりません。

治療

症状を軽くするための治療が行われます。

予防

一部の国(カナダ・ヨーロッパの一部)ではワクチン接種が行われています。ダニに咬まれないよう、虫刺され対策を行ってください。

殺菌されていない乳製品の摂取を避けてください。

危険のある地域

ヨーロッパからアジアまでの温帯地域で標高1,400mまでの地域で流行しています。

さらに詳しい情報