2016年のニュース

アメリカ大陸におけるチクングニア熱の患者の発生状況 

 チクングニア熱は、蚊によって感染するウイルス性疾患です。感染した蚊に刺されてから2~12日(通常2~4日)後に症状が現れます。チクングニア熱の症状には、発熱、頭痛、強い関節痛(足首や手首)がみられ、死亡することは稀ですが、関節痛は数週間、稀に数か月から数年続くことがあります。

 2016年1月8日付けで公表された汎米保健機構(PAHO)の情報によりますと、アメリカ大陸でのチクングニア熱の発生状況は以下のようになっています。

国・地域

報告週

国内感染例a

輸入例 発生率b 死亡者数
疑い例 確定診断例
北米
 バーミューダ Week17 3
 カナダ Week36 85
 メキシコ Week51 11,468 20 9.2
 アメリカ合衆国 Week50 653
小計 0 11,468 761 2.4 0
中米
 ベリーズ Week 0.0
 コスタリカ Week20 142 2.8
 エルサルバドル Week35 39,704 17 618.1 0
 グアテマラ Week48 27,759 1,998 183.1 5
 ホンジュラス Week45 82,003 5 973.6 1
 ニカラグア Week51 68,945 5,117 1,183.9 1
 パナマ Week51 123 36 19
小計 218,534 7,315 19 483.7 7
ヒスパニック系カリブ海諸国
 キューバ Week 0.0
 ドミニカ共和国 Week28 67 0.6
 フランス領ギアナ Week47 6,960 1,759 3,340.6 2
 グアドループ Week46 157 33.4
 ハイチ Week
 マルティニーク Week46 341 84.2
 プエルトリコ Week51 801 214 27.6 1
 サン・バルテミー島 Week18 317 3,561.8
 サン・マルタン島(フランス領) Week46 602 1,686.7
小計 9,245 1,973 0 30.0 3
アンデス地域
 ボリビア Week13 143 916 1 9.6
 コロンビア Week51 355,175 3,192 723.5 70
 エクアドル Week51 29,350 4,173 21 206.6 2
 ペルー Week48 85 100 77 0.6
 ベネズエラ Week51 15,839 355 0 51.8 0
小計 400,592 8,736 99 294.0 72
南米
 アルゼンチン Week51 42
 ブラジル Week48 15,276 374 7 7.7
 チリ Week28 6
 パラグアイ Week49 3,418 873 61.0
 ウルグアイ Week
小計 18,694 1,247 55 7.3 0
その他のカリブ地域
 アンギラ Week11 28 3 193.8
 アンティグア・バーブーダ Week8 16 0 17.4
 アルバ Week29 281 686 863.4
 バハマ Week17 10 1 2.6
 バルバドス Week25 82 0 28.3
 ケイマン Week8 67 1 121.4
 キュラソー Week
 ドミニカ国 Week5 0.0
 グレナダ Week
 ガイアナ Week2 5,310 29 661.6
 ジャマイカ Week6 299 10.6
 モントセラト Week29 7 0 140.0
 セントクリストファー・ネイビス Week
 セントルシア Week
 セントビンセント・グレナディーン Week8 0 0 0.0
 シント・マールテン島 (オランダ領) Week
 スリナム Week
 トリニダード・トバゴ Week30 51 3.8
 タークス・カイコス諸島 Week
 ヴァージン諸島 (イギリス) Week
 ヴァージン諸島 (米国) Week49 94 24 114.6
小計 6,184 804 1 95.1 0
総計 653,249 31,543 935 69.1 82

a 診断の定義は http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_docman&task=doc_download&Itemid=&gid=23978&lang=en を参照してください。
b 発生率は人口10万人あたりの発生数
*数値は全て2015年の累積患者数です。

 アメリカ大陸に渡航、滞在される方は、今後の情報に注意していただくとともに、蚊に刺されないよう対策をとってください。

蚊に刺されないための対策

可能な限り、しっかりと網戸がとりつけられているか、エアコンが備わっている、または、蚊をしっかりと駆除しているホテルやリゾートに滞在してください。蚊取り線香も有効です。
長袖のシャツ、ズボンを着て、できるだけ皮膚の露出部を少なくするようにしてください。
流行地域では屋外にでかける場合や網戸が備わっていない建物にいる場合には、ディート(DEET)などの有効成分が含まれている虫よけ剤を、皮膚の露出部につけてください。使用する場合には、必ず添付文書に記載されている使用法を守ってください。日焼け止めを使う場合は、先に日焼け止めをつけてから、虫よけ剤を使用してください。
子ども、とくに乳児への虫よけ剤の使用については、小児科医にご相談ください。虫よけ剤が使用できない場合、ベビーカーにぴったりと合う蚊帳でベビーカーをおおってください。

心配な場合には早めの受診を 

海外で発熱などの症状が出たら、できる限り早く医療機関を受診してください。
また、ご帰国の際に、発熱や心配な症状のある方は検疫所の担当者にご相談ください。帰国後に発症した場合や、症状が改善しない場合は、お近くの医療機関または検疫所にご相談ください。
医療機関を受診する時には、医師に、渡航先や渡航期間、渡航先での活動などについて、詳しく伝えてください。

感染症情報:チクングニア熱

出典

WHO/PAHO.
Number of Reported Cases of Chikungunya Fever in the Americas, by Country or Territory 2016(to week noted), Cumulative cases, Epidemiological Week/EW 1 (update as of 8 January 2016 )
http://www.paho.org/hq/index.php?Itemid=40931