2012年08月31日更新 シエラレオネでコレラが流行しています(更新3)

 コレラは、コレラ菌によって、下痢や嘔吐が生じる病気です。軽くすむことも多いですが、重い下痢が起こることがあり、大量の水分が失われ、脱水によって死亡することもあります。

 2012年8月30日に公表されたWHOの情報によりますと、シエラレオネでは、今年、13,934人の患者が発生しており、このうち232人が死亡しています(致死率は1.7%)。8月に入り、コレラの新規患者数が著しく増加しています。シエラレオネの13地区のうち、11地区で新たな患者が報告されており、特に、コレラの流行が広がっているのは、西部地域と北部州のポートロコです。最近、流行がみられたのは、東部州のケネマ地区です。

 シエラレオネの大統領は、拡大しているコレラの流行を「人道的な危機」と宣言しました。その結果、調整や資源の動員や対応を監督するために、閣僚級のコレラ対策本部が立ち上げられました。対応への取り組みは、保健衛生省のほか、財務、広報・情報公開の担当省や地方自治体、関係機関、関係者を含む多くの分野で行われています。

 コレラの発生に対するすべての対応活動をより円滑に調整するために、フリータウンにあるWHOの国事務所にコレラ対策センター(Cholera Control and Command Centre)が設置されました。この手法は、以前にも用いられ、2008年から2009年にジンバブエでコレラが発生した時に有効な対応であったことが示されました。

 コレラ対策センターの第1回会議は2012年8月28日に開催され、それ以降、連日開催される予定です。コレラ対策センターは、サーベイランス、患者管理、水と衛生、物資調達、社会的動員の対応を行っている技術的な小委員会の監督を行っています。

 保健衛生省は、国境なき医師団、UNICEF、 WHOや他の関係機関とともに、疫学調査、サーベイランス、設立されたコレラ治療センターでの患者管理、水と衛生対策、社会的動員、地域での教育といった予防と感染拡大のための活動を行っています。

 WHOは疫学、社会的動員、サーベイランスの分野でシエラレオネを支援しており、アフリカ地域事務所(国際支援チームを含む)とWHO本部から、専門家を派遣しています。

 WHOのネットワークである、Global Outbreak Alert and Response Network (GOARN)は、バングラデシュの国際下痢性疾患研究センター(ICDDR,B)から、長年にわたって国際的なコレラ対策の経験を有する患者管理と検査の専門家を派遣しました。

 WHOはシエラレオネへの渡航や貿易を制限することを推奨していません。

 シエラレオネに渡航、滞在される方は、今後の情報に注意していただくとともに、以下の対策をとってください。

  • 飲料水や歯みがき、うがいの水にはミネラルウォーターを使うか、十分に沸騰させた水を使うこと。氷は生水から作られている可能性があるので食べないこと。
  • 食事は加熱されたものを、冷めないうちに食べること。
  • 食事の前、トイレの後には石けんと水で十分に手洗いすること。
  • 下痢になった場合、以下の作り方で作った水を十分にとり、できるだけ早く医療機関で診療を受けること。

Cholera_ver2_03.jpg

   感染症情報:  食べ物・水にご注意を!  コレラ

出典

WHO Cholera in Sierra Leone – update
http://www.who.int/csr/don/2012_08_30a/en/index.html

参考

<FORTH  新着情報>

シエラレオネでコレラが流行しています(更新2)
 http://www.forth.go.jp/topics/2012/08271036.html

シエラレオネでコレラが流行しています(更新1)
http://www.forth.go.jp/topics/2012/08231015.html

シエラレオネでコレラが流行しています
http://www.forth.go.jp/topics/2012/08151044.html

<FORTH  最新情報>

コレラについて(ファクトシート)
 http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2012/08151657.html