2016年06月03日更新 黄熱の発生 -コンゴ民主共和国(更新2)

 2016年6月2日付けで公表された世界保健機関(WHO)の情報によりますと、3月22日(原文どおり記載)に、コンゴ民主共和国(DRC)の国際保健規則(IHR)国家担当者は、現在、アンゴラで発生している感染の流行に伴い複数の黄熱が発生したことをWHOに報告しました(4月13日に公表された記事の追加情報です)。

報告の詳細
 
2016年5月31日までに、死亡者63人を含めて、合計で700人の黄熱疑い患者が国内調査システムによって報告されました。検体が患者689人から採取され、キンシャサにある国立生体医学研究所(INRB)およびダカールのパスツール研究所に検査確認のため、送られました。これまでに、患者52人が黄熱と確定診断されています。

 確定診断された患者52人は5つの州から報告されています。その5州は、Kongo Central (36人)、キンシャサ (11 人)、Kwango 州(3人)、 Bas Uélé (1人)、 Tshuapa州 (1人)です。Bas UéléとTshuapaの2人は森林型黄熱で、アンゴラの流行とは関係がありません。確定患者52人のうち2人は国内感染に分類され、キンシャサとKongo Central州から報告されました。残る確定患者46人はアンゴラからの輸入感染に分類されており、内訳は、Kongo Central (34人)、キンシャサ (9 人)、Kwango 州(3人)でした。

公衆衛生における取り組み
 
流行に対応するために国家対策委員会が立ち上げられました。対策は、5つの小委員(対処のためのワクチン接種、調査活動と検査、媒介昆虫の制御、社会的な地域活動、患者管理)で構成されています。

 黄熱の疑いのある患者は、基本的に毎日、健康調査が続けられます。5月12日には、ダカールのパスツール研究所の支援を受けて、政府担当局は、患者の確定診断の促進を図るための可動型の検査施設を準備しました。5月26日には、対処のためのワクチン接種キャンペーンがKongo Centralの公衆衛生地区9か所とキンシャサの公衆衛生地区2か所に住む1,983,597人を対象に開始されました。International Coordinating Group on Vaccine Provision(ICG:黄熱ワクチン供給国際調整グループ)はコンゴ民主共和国政府からのワクチン要請を認め、220万回分のワクチンを出荷し、接種キャンペーンのための基金運営を開始しました。

 WHOは、緊急対応フレームワーク(ERF)に則り、この流行の緊急性をグレード2に分類しました。WHOは、Kongo Centralに学際チームを派遣しており、キンシャサでは国の担当部局への技術サポートを提供しています。この国のWHO事務所は、この流行を制御するために技術的および財政的資源の投入計画を確定させました。

WHOのリスク評価
 
コンゴ民主共和国(DRC)は、地理的に黄熱が常在することで知られる地域にあります。国内での感染患者が定期的に報告されていますが、人口密集地域での黄熱の流行は異常な事態です。キンシャサおよびその他の地域で患者が確認されたことは、DRCで黄熱がさらに拡がるリスクのあることを強く示しています。また、アンゴラからの黄熱患者の流入が続いていること、現在のところワクチン接種率が低いこと、生態学的要因および媒介する蚊の密度が高いことから、地域でのさらなる感染伝播が予想されます。さらに、DRCの国内外で人々の出入りが激しいため、この病気には近隣諸国に拡散するリスクがあります。このため、この病気の更なる拡大を防ぐには、DRC政府の行政当局が、病気を確りと制御し、調査活動、特に対処のためのワクチン接種キャンペーンや(対策としての)国境での介入を実施していくことが、最も重要なこととなります。WHOは、入手可能な最新の情報に基づいて、疫学的な発生状況を監視し、リスク評価を行っています。

WHOからのアドバイス
 
黄熱は、少なくとも旅行の10日前にワクチンを接種することで産生される免疫力で簡単に防ぐことができます。WHOは、加盟国、その中でも特に地域感染のサイクルが確立する可能のある(すなわち、媒介するネッタイシマカが生息する)国に対して、黄熱が流行している国に向かう又はその国から来る旅行者に対してワクチンの接種状況の管理を強化することを励行しています。

 WHOは、入手可能な情報に基づく限り、この流行の発生においてコンゴ民主共和国への旅行にも貿易にも制限を推奨していません。

蚊に刺されないための対策
・可能な限り、しっかりと網戸が取り付けられているか、エアコンが設置されている、または、蚊をしっかりと駆除しているホテルやリゾート施設を選んで滞在してください。
・長袖のシャツ、ズボンを着て、できるだけ皮膚の露出部を少なくするようにしてください。
・流行地域では、屋外にでかける場合や網戸が取り付けられていない建物にいる場合には、ディート(DEET)などの有効成分が含まれている虫よけ剤を皮膚の露出部につけてください。使用する場合には、必ず添付文書に記載されている使用法を守ってください。日焼け止めを使う場合は、先に日焼け止めをつけてから、虫よけ剤を使用してください。
・子ども、とくに乳児への虫よけ剤の使用については、小児科医にご相談ください。虫よけ剤が使用できない場合、ベビーカーにぴったりと合う蚊帳でベビーカーを被うように注意してください。

心配な場合には早めの受診を
・海外で発熱などの症状が出たら、できる限り早く医療機関を受診してください。
・また、ご帰国の際に、発熱や心配な症状のある方は検疫所の担当官にご相談ください。帰国後に発症した場合や症状が改善しない場合、受診の前に、お近くの保健所か医療機関または検疫所にご連絡ください。
・医療機関を受診する時には、医師に、渡航先や渡航期間、渡航先での活動などについて、詳しく伝えてください。

FORTH 感染症情報

出典

WHO. Disease Outbreak News, Emergencies preparedness, response. 2 June 2016
Yellow Fever -Democratic Republic of the Congo
http://www.who.int/csr/don/02-june-2016-yellow-fever-drc/en/