感染症についての情報

ウエストナイル熱 West Nile Fever

ウエストナイル熱はウエストナイルウイルスによる感染症です。

どうやってうつる

ウイルスを持っている蚊に刺されることでうつります。ヒトからヒトへうつることはありません。

症状

感染しても症状を示さないことが多く、2割くらいの人が発症します。2から6日の症状のない期間があった後、39℃以上の発熱、激しい頭痛、筋肉痛がおこります。半分くらいの人の胸、背中、腕などに発疹がでます。特に高齢者は重症化して、麻痺や痙攣をおこしたり意識を失ったりし、さらに死亡することがあります。

治療

特別な治療法はなく、症状を軽くするための治療が行われます。

予防

ワクチンや予防する薬はありません。
蚊に刺されないようにしましょう。それが唯一の予防法です。

危険のある地域

アフリカ、ヨーロッパ、中東、中央アジア、西アジアなどの広い地域に発生が見られます。

さらに詳しい情報