2015年のニュース

韓国と中国での中東呼吸器症候群(MERS)の発生状況の要約とリスク評価

2015年6月3日 WHO (原文[英語]へのリンク

背景

 2012年以降、2015年6月3日までに、死亡者442人を含むMERS-CoV患者1179人がWHOに報告されています。性別が報告された患者(n=1,165)のうち66%は男性で、年齢中央値は49歳(9か月-99歳;n=1,172)です。

 これまでに、中東のエジプト、イラン、ヨルダン、クウェート、レバノン、オマーン、カタール、サウジアラビア、UAE、イエメン、アフリカのアルジェリア、チュニジア、ヨーロッパのオーストリア、フランス、ドイツ、ギリシア、イタリア、オランダ、トルコ、イギリス、アジアの中国、韓国、マレーシア、フィリピン、北アメリカのアメリカ合衆国を含む25か国から患者が報告されています。大半の患者(85%以上)はサウジアラビアから報告されています。2015年5月以降、中国と韓国の2か国が新たに感染の影響を受けた国となりました。

 5月20日、韓国で最初の患者が報告されました。この患者は、最近、サウジアラビア、カタール、UAE、バーレーンを旅行していました。患者は旅行中には症状はありませんでした。韓国での接触者追跡が続けられており、これまでに(6月3日)確定患者29人と死亡者2人が確認されています。これらには患者の治療にあたった医療関係者、同じ医療施設で治療を受けていた患者やその家族が含まれています。患者間での3次感染(n=3)は限定的です。WHOは積極的に状況をWHOに提供している韓国と緊密に連絡を取り合っています。これは中東以外では最大規模のMERS-CoVの集団感染です。最初の確定患者が発見されて以来、強固な接触者への追跡が行われ、2015年6月3日現在、1,369人の接触者が観察下に置かれ、自宅もしくは行政機関が運営する施設での待機や隔離が行われています。

 韓国で接触機会のあった患者の1人が香港に飛行機で入国し、広東省にバスで入りました。この患者には旅行中に症状がありました。中国行政当局はこの人物を隔離下に置き、中国と香港での接触者を同定しています。接触者は停留措置がとられ、MERS-CoVへの観察と検査が行われています。これは、中国から報告された最初のMERS-CoV患者です。

 WHOは、引き続き韓国および中国の保健衛生当局並びにこの集団発生の感染対策を実施する国際的な技術機関と緊密に連携しながら、病人の適切な治療を確保し、さらなる患者の拡大の防止に努め、この集団発生の感染パターンとリスク要因のより深い理解を得ることに引き続き努めています。

リスク評価

 韓国で続く集団発生は中東(サウジアラビア、カタール、UAE、バーレーン)を旅行してきた1人の患者から始まりました。WHOは、これらの国々の衛生当局と連携を取りながら、接触機会のあった感染源を調査しています。韓国では、最初の患者は関わりの深かった人々、即ち、部屋や病棟をともにした患者や医療関係者に感染を起こしました。この接触機会はMERS-CoVが疑われる、もしくは診断される前に起こっています。病院内や自宅での感染は以前にも観察されていました(サウジアラビア、UAE、フランス、イギリス)。これは中東以外で起きた最大規模の院内感染です。これは韓国に感染輸出された初めてのMERS-CoVでもあります。中国に旅行した患者には症状がありました。

 この集団発生の中で、このウイルスの確認された感染伝播は全てが十分な感染予防と制御の手続きが行われる前に生じており、中東で以前に起きた院内集団感染で見られた感染伝播のパターンを踏襲しています。発生状況と接触者の監視が続けられており、この特殊な事態に関係するリスクをより深く評価するためにさらなる情報が集められています。韓国と中国の患者から得られたウイルスの遺伝子配列の解析が続けられています。

 MERS-CoVはヒトどうしでも二次感染を起こすことができる人畜共通感染ウイルスと考えられています。ほとんどの感染は中東内や中東との間で発生しており、多くの地域性の感染はヒトコブラクダまたはそれに感染する製品との直接もしくは間接の接触に関係すると考えられています。ラクダに接触して感染した者は全患者の中では少数です。一旦、ヒトがMERS-CoVに感染し、症状を発現すると、ヒトは他人に感染させる能力を持ちます。しかし、特別に感染が起こりやすい時期、感染を促進するリスク要因や条件はよく分かってはいません。いずれのところでも、地域社会の中での広い感染の流行は観察されていません。ヒトからヒトへの感染伝播は、感染の影響を受けた国では家庭内で観察されているものの、これまでに報告された患者のほとんどは、医療環境におけるヒト-ヒト感染に起因していました。2014年4~5月にサウジアラビアで見られたように、医療環境で感染予防と制御の対策を怠ると多くの2次感染患者をもたらします。

 WHOは、韓国からは保健行政当局によって対策が実行される前に最初の患者と接触した人々の間でさらなるMERS-CoV患者が報告されていると予想しています。十分な感染予防と制御への公共衛生対策を継続的に行うことで、これまでの集団発生は感染伝播が止められてきました。

感染対策の奨励

 感染の予防と制御の対策には、診療施設においてMERS-CoVが拡がる可能性を防ぐことが重要です。患者を早期にMERS-CoVと診断できるものではありません。したがって、医療従事者は、診断にかかわらず、すべての患者に対して常に一貫した標準感染予防対策を適用する必要があります。もし、MERS-CoVが疑われたならば、他の患者、訪問者、医療従事者らとの接触を最小限にとどめるために、MERS-CoV疑いある患者に対して迅速なスクリーニングと評価のための対策方針と手続きが準備されるべきです。目の保護を含む飛沫への予防措置は、急性呼吸器感染症の症状を有する如何なる患者を治療する際にも標準予防対策に追加する必要があります。

 その他の対策としては寝具管理、洗濯、消毒と汚物管理に関係します。

 各国の医療従事者とその施設は、特に、中東から帰国した旅行者や出稼ぎ労働者に対するMERS-CoVの可能性については厳重な警戒体制を維持する必要があります。各国はWHOのガイドラインに書かれた医療施設での感染の予防と制御の対策手順に沿ってMERS-CoVに対する十分なサーベイランスを確保する必要があります。

 WHOは、加盟国に対して全てのMERS-CoV確定患者および可能性の高い患者の接触機会、検査、臨床経過に関する情報を迅速に報告することを引き続き要請しています。医療施設では医療従事者がどのように感染しているかをより深く理解することが早急に求められます。

 WHOは、この事象に関連して入国時に特別な検査を行うことを勧めてはいません。また、旅行あるいは貿易を規制することも推奨していません。

出典

WHO. Global Alert and Response (GAR). MERS-CoV risk assessment. 3 June 2015.
Summary and risk assessment of current situation in Republic of Korea and China.
http://www.who.int/csr/disease/coronavirus_infections/risk-assessment-3june2015/en/