2015年のニュース

米国におけるウエストナイル熱の発生状況 (更新4)

2015年9月1日 CDC (原文[英語]へのリンク

 米国におけるウエストナイル熱の発生状況は、以下のとおりです。

神経浸潤性患者数** 非神経浸潤性患者数 総数 死亡者数 献血中ウイルス陽性者数***
アラバマ 2 1 3 0 0
アリゾナ 30 17 47 2 15
アーカンソー 8 1 9 0 0
カリフォルニア 46 37 83 2 15
コロラド 13 16 29 0 3
デラウェア 0 1 1 0 0
コロンビア特別区 1 0 1 0 0
フロリダ 6 0 6 0 0
ジョージア 4 1 5 0 1
アイダホ 3 3 6 0 4
イリノイ 2 1 3 0 2
インディアナ 2 2 4 1 1
アイオワ 0 1 1 0 0
カンザス 2 5 7 0 3
ケンタッキー 0 0 0 0 1
ルイジアナ 12 2 14 0 10
メリーランド 5 8 13 0 1
ミシガン 0 0 0 0 1
ミネソタ 0 0 0 0 7
ミシシッピ 11 7 18 1 1
ミズーリ 2 1 3 0 1
モンタナ 0 0 0 0 1
ネブラスカ 2 18 20 0 12
ネバダ 0 0 0 0 4
ニュージャージー 5 1 6 0 0
ニューメキシコ 2 0 2 0 1
ニューヨーク 1 0 1 0 0
ノースダコタ 3 5 8 0 0
オハイオ 8 3 11 1 1
オクラホマ 4 11 15 0 5
ペンシルベニア 5 5 10 0 1
サウスカロライナ 0 0 0 0 2
サウスダコタ 4 12 16 0 1
テネシー 2 1 3 0 1
テキサス 31 11 42 2 13
バージニア 2 3 5 0 0
ワシントン 6 12 18 1 6
ウィスコンシン 0 1 1 0 0
ワイオミング 2 2 4 0 0
総数 226 189 415 10 114

   確定診断例と可能性例を含む
**  髄膜炎、脳炎、急性弛緩性麻痺を含む
*** PVDsは採血機関での血液提供時には無症状であったが、ウエストナイルウイルス検査のスクリーニングによって陽性となった人。そのうち何人かは血液提供後に発症する。

出典

CDC West Nile Virus Disease Cases and Presumptive Viremic Blood Donors by State-United States, 2015 (as of September 1, 2015)
http://www.cdc.gov/westnile/statsMaps/preliminaryMapsData/histatedate.html