エボラウイルス病 - コンゴ民主共和国北キブ州

Disease outbreak news (WHO) 2018年8月4日

 2018年7月28日、北キブ州保健局は、コンゴ民主共和国保健省に対し、急性出血熱と疑われる集団感染の発生を通知しました。2018年8月1日、キンシャサ国立生物医学研究所(INRB)は、入院患者から採取した6検体のうち4検体が自動PCR装置によってエボラウイルス陽性と診断されたと報告しました。これらの予備的な陽性の結果は保健省、WHOおよびパートナーによる対応活動の即時の段階的な拡大と、保健大臣によるアウトブレイクの宣言を促しました。
 
 国際保健規則に基づくコンゴ民主共和国保健省のWHOへの緊急警報は、2018年7月中旬から下旬にかけて北キブ州のある家族でウイルス性出血熱が疑われる集団発生の検出と迅速な調査が続いていました。地元の保健当局は、2018年5月以降の地域社会における散発的で先行的な死亡(暫定的にほぼ確実な症例に分類されている)を確認し、現在のアウトブレイクに関連しているかどうかを調査中です。
 
 保健省、WHOおよびパートナーは、このアウトブレイクの全貌を把握すべく努めています。2018年8月3日時点では、33人の死亡を含む合計43例のエボラウイルス病症例(13例が確定、30例がほぼ確実)が報告されています。さらに33例の疑い症例が現在、エボラウイルス病を確認または否定するための臨床検査を待っています。3人の医療従事者が罹患し、そのうちの1人が死亡しています。
 
  地理的には、確定または、ほぼ確実と考えられる症例は現在、北キブ州の5つの保健地区で38症例(うち確定13例、ほぼ確実25例)、およびイトゥリ(Ituri)州の1つの保健地区(ほぼ確実5症例)、さらにイトゥリ州の保健地区で疑わしい症例を現在調査中である。影響を受けた地域は、100万人以上の難民を抱え、ルワンダとウガンダとの国境を共有しており、貿易活動によって頻繁に国境を越えて移動しています。長期的な人道的危機と治安情勢の悪化は、このアウトブレイクへの対応を妨げると予想されています。
 
 国立生物医学研究所によるさらなる実験室検査は、マバラコ(Mabalako)保健地区からの6つの検体の最初の3バッチにおいて従来のPCRを用いてエボラウイルスを検出しました。これらの結果は、エボラ・ザイール型がこのアウトブレイクの原因であることを強く示唆しています。しかしながら、ウイルス型を最終的に確認するためには、遺伝子配列決定が必要です。
 
 ウイルス配列の特徴付けは、ワクチンと治療薬の潜在的な使用、および現在のアウトブレイクから約2500km離れた赤道(Equateur)州の最近のアウトブレイクとの関連を明らかにします。現在、これらの事象が関連していると示唆する証拠はありません。
 
図1:コンゴ民主共和国、北キブ州とイトゥリ州におけるエボラウイルス病、2018年8月3日

 

公衆衛生上の対応

 保健省は、WHOとパートナーの支援を得て北キブ州とイトゥリ州で対応メカニズムを開始しました。近隣の州や国でのサーベイランス、接触者の追跡、検査能力、感染予防と管理(IPC)、臨床管理、地域の関与、安全で威厳のある埋葬、対応調整、国境を越えた監視と準備活動の確立と強化が優先されます。さらに、エボラウイルスワクチンの使用の可能性、ならびにエボラウイルス疾患の治療法が検討されています。
・保健省とWHOは、対応活動を開始するために、影響を受けた保健地帯に迅速対応チームを展開しています。
・WHOは、リスクを評価し、その事象に応じて対応するために、国、地域および世界レベルの調整メカニズムを活性化しました。コンゴ民主共和国にインシデント管理チームが設置され、アフリカ地域事務所と本部でサポートチームが再開されました。人材育成のため、2018年8月1日に保健省およびパートナーとの調整会議が開催されました。即時の物流能力とニーズが確立され、完全な対応計画が策定されつつあります。
 ・WHOは、対応を調整するため、複数パートナーの緊急オペレーションセンターの活性化のために、保健省とパートナーに技術および運営支援を提供している。
・国際的なパートナーの支援を受け、マンギナ(Mangina)、ベニ(Beni)、ゴマ(Goma)でエボラ治療センターが開設されています。
・ベニには、疑わしい症例の適時診断を可能にするための移動式検査室が設置されている。他の所で追加の検査室能力の確立が検討されています。
・接触者の追跡活動が開始されました。これまでのところ、879人の接触者がフォローアップ登録されています。
・アフリカの地域緊急事態局長は近隣諸国(ルワンダとウガンダ)にアウトブレイクを知らせ、特に国境に沿った監視と準備行動の重要性を強調しました。
・影響を受ける地域社会、近隣のウガンダ、ルワンダでは、メディアや教会を通じた地域社会の災害発生を予防するための活動や衛生対策が行われています。
・8月1日、世界規模の感染症に対する警戒と対応ネットワーク(GOARN)運用サポートチームは、現在の状況と進行中の対応活動の概要を提供するネットワークパートナーに警告を出しました。  8月2日、アフリカのGOARN運営委員会とWHOアフリカ地域事務所は、アフリカにおける運営パートナーのための共同調整連絡を実施しました。GOARNのパートナーは、引き続き対応活動に貢献しています。

WHOのリスクアセスメント

 この新しいエボラウイルス病の発生は、ウガンダと国境を接するコンゴ民主共和国の北東部の地域に影響を及ぼしています。エボラウイルス病の国や地域レベルでの伝播の潜在的なリスク要因には、影響がある地域とその他の国と周辺諸国との間の交通機関のつながり、人口の国内移動、コンゴの難民の近隣諸国への移住などが含まれます。同国は同時にいくつかの流行と長期的な人道危機を経験しています。さらに、北キブ州の治安状況は、対応活動の実施を妨げる可能性があります。この文脈に基づいて、公衆衛生上のリスクは、国レベルおよび地域レベルで高く、世界的には低いと考えられています。

WHOのアドバイス

 このアウトブレイクの全範囲を確定するための調査が継続されているので、周辺の州および国々が監視および準備活動を強化することが重要です。WHOは近隣諸国と引き続き協力し、保健当局に警報を発し、対応する用意があることを保証します。

 WHOは、現在利用可能な情報に基づいて、コンゴ民主共和国への旅行および貿易の制限に反対することを勧告します。WHOはこのイベントに関連して旅行および貿易措置を引き続き監視しています。

出典

Ebola virus disease - Democratic Republic of the Congo
Disease outbreak news  4 August 2018
http://www.who.int/csr/don/4-august-2018-ebola-drc/en/

参考

◆コンゴ民主共和国保健省エボラニュースレター[8月8日付、フランス語]
https://mailchi.mp/80a23d454958/ebola_kivu_8aout?e=8b17b9c9c7
8月7日現在
検査による確定例: 17 (Mabalako: 13、Beni: 4)
ほぼ確実な例(検査未実施の死亡例27を含む): 27
総数: 44
うち死亡例: 36 (確定例: 9、ほぼ確実な例: 27)
疑わしい例(検査中): 47
 
◆エボラウイルス病について(ファクトシート)
Ebola virus disease (WHO) 12 February 2018
http://www.who.int/en/news-room/fact-sheets/detail/ebola-virus-disease
 
◆Ebola situation reports: Democratic Republic of the Congo
http://www.who.int/ebola/situation-reports/drc-2018/en/