エボラウイルス病 - コートジボワール

WHO Africa 2021年8月14日

アビジャン(Abidjan)/ブラザビル(Brazzaville)

 

コートジボワール保健省は、本日、1994年以来、同国で初めてのエボラ出血熱の患者を確認しました。これは、コートジボワールのパスツール研究所が、商業都市アビジャンにギニアから到着して入院した患者から採取したサンプルからエボラウイルス病を確認したことによるものです。

最初の調査では、患者は陸路でコートジボワールに移動し、8月12日にアビジャンに到着しました。患者は発熱した後、病院に入院し、現在治療を受けています。

ギニアでは、4ヶ月間にわたるエボラ出血熱の発生がありましたが、2021 年6月19日に終息宣言が出されました。コートジボワールでの今回の症例が、ギニアでの以前の流行と関連しているという兆候はありません。さらなる調査とゲノム配列の決定により、株が特定され、2つのアウトブレイクの間に関連性があるかどうかが判断されます。

今年はコンゴ民主共和国とギニアでエボラ出血熱の発生が宣言されていますが、アビジャンのような大規模な首都で発生したのは、2014年から2016年にかけて発生した西エボラ出血熱以来初めてのことです。

世界保健機関(WHO)アフリカ地域事務局長の Matshidiso Moeti 博士は、「400万人以上の人口を抱える大都市アビジャンで今回のアウトブレイクが宣言されたことは、計り知れない懸念です」と述べています。「しかし、エボラ出血熱に対する世界の専門知識の多くはこの大陸にあり、コートジボワールはこの経験を活用して対応を本格化することができます。コートジボワールは、 WHO が最近、エボラ出血熱への備えを強化するために支援した6カ国のうちの1つで、今回の迅速な診断は、備えが功を奏していることを示しています」と述べ ています 。

WHOは、国境を越えたエボラ対策活動の調整を支援しており、コートジボワールとギニアの保健省の合意に基づき、ギニアでの感染症対策のために WHO が確保した5,000人分のエボラワクチンをコートジボワールに移送しています。このワクチンは、医療従事者、救急隊員、感染が確認された患者の連絡先など、リスクの高い人々へのワクチン接種に使用されます。


コートジボワールにいるWHOのスタッフは、この事例の調査をサポートしています。さらに、すべての主要な対応分野をカバーするWHOの専門家からなる学際的なチームが現地に迅速に派遣されます。このチームは、医療施設の感染予防と管理、診断、接触者の追跡、治療を強化し、地域社会が対応に重要な役割を果たすように働きかけます。

コートジボワールは、国際保健規則(IHR)に基づいて感染を宣言しており、WHOは同国への渡航を制限していません。

各国はCOVID-19への対応に集中していますが、潜在的なエボラ出血熱患者への備えも強化しておく必要があります。

コートジボワールは、2014年から2016年にかけて西アフリカで発生したエボラ出血熱で大きな被害を受けたギニアやリベリアと国境を接していますが、1994年にチンパンジーの間で発生して科学者に感染して以来、確認された患者は報告されていません。

 

エボラ出血熱は、人間や他の霊長類が罹患する重篤な病気で、しばしば死に至ります。致死率は25%から90%と、過去の大流行では様々な数値が出ています。 
 

現在では有効な治療法があり、患者が早期に治療を受け、支持療法を受ければ、生存の可能性は大幅に向上します。

出典

Cote d’Ivoire declares first Ebola outbreak in more than 25 years  (WHO Africa)
https://www.afro.who.int/news/cote-divoire-declares-first-ebola-outbreak-more-25-years