予防接種のご案内

神戸検疫所検疫衛生課では、海外へ渡航される方のために黄熱の予防接種を実施しています。
1 実施日
毎週火曜日の13時30分から開始します。電話予約時に時間を指定させていただきます。
※祝日等により、実施日が変更になる場合がありますので、事前に電話でご確認ください。
予防接種実施に関するお知らせ
2 予約方法
接種希望日の2週間前の月曜日から前週の金曜日までが予約受付期間です。予約期間内に、ご本人からの電話予約が必要です。事前予約のない場合は予防接種を受けられません。
現在の体調や治療中の病気、既往歴、アレルギーなどについて、電話で問診を行います。

黄熱ワクチンの添付文書はこちら

予約・問い合わせ先
検疫衛生課
TEL 078-672-9653
FAX 078-672-9661
受付時間
月曜日から金曜日まで(祝日を除く)
午前8時30分~午後5時15分
3 未成年者
18歳以上20歳未満の方は保護者の方から予防接種をすることに同意を得たうえで、ご本人からのご予約が必要です。当日は「同意書」を記入して必ずお持ちください。(保護者同伴の場合は不要。)
   保護者の同意書
18歳未満の方は保護者の方からご予約をいただき、接種当日も保護者の同伴が必要となります。
4 接種手数料(収入印紙)
接種手数料10,300円と証明書交付手数料880円の合計11,180円分の収入印紙でお支払いただきます。収入印紙は、必ず事前にお近くの郵便局にて購入のうえ、来所してください。
また、郵便局によっては10円単位の少額の印紙を扱っていない場合がありますので、本局などの大きな郵便局でお買い求め下さい。超過分は返金できませんのでご了承下さい。
なお、検疫所では収入印紙の販売を行っておりません。
5 予約するに当たっての注意事項
◯鶏卵、鶏肉、ゼラチンアレルギーの方、妊娠中の方、授乳中の方及び持病のある方は接種できない場合があります。
◯内臓疾患がある方、糖尿病・自己免疫疾患の方、アレルギー体質の方、6ヶ月以内にステロイド剤療法を受けられた方は、接種できない場合や主治医の承諾が必要になることがありますので、電話でご相談ください。
◯アレルギー体質の方は、鶏卵に対するアレルギーテストを受けて異常がないことの証明書が必要となる場合があります。また、主治医の判断が必要となる場合もあります。
◯生後9ヶ月未満の乳幼児は接種できません。
◯女性の方は、接種後2ヶ月間は妊娠を控えてください。
◯黄熱以外に他の予防接種を受けられる方は、接種間隔を考慮する必要があります。詳しくは電話でご相談ください。黄熱の予防接種後、28日間は他の予防接種が受けられません。また、他の予防接種を先に受ける場合、先に受ける予防接種の種類により接種間隔が異なります。間隔があいていない場合、黄熱ワクチンの接種は受けられません。
◯黄熱ワクチンは生ワクチンです。接種当日は、激しい運動・飲酒をお控えください。
◯60歳以上の方は、副反応リスクが高まるので注意が必要です。詳しくは電話でご相談ください。
◯接種後30分間の経過観察を含めて、1時間半程度お時間がかかります。
◯当日はできるだけ公共交通機関をご利用ください。
◯このワクチンは5人分が1アンプルとなっており、他の接種者の方と同じ時間帯に接種が必要なため、時間を厳守してください。遅れた場合、接種できないことがあります。
6 黄熱予防接種証明書について
予防接種当日に証明書をお渡しします。
2016年7月11日以降、証明書は接種後10日から生涯有効となります。出発日を考慮してご予約ください。
7 黄熱予防接種証明書の再発行
再交付は予防接種を実施した機関で受け付けています。再交付をご希望される方は、お電話でお問い合わせください。
再交付の手数料として880円分の収入印紙をお支払いいただきます。
8 接種当日の持ち物
◯接種手数料と証明書交付手数料分(合計11,180円)の収入印紙。
◯パスポートの原本又は顔写真が貼られているページの写し(本人確認と証明書の内容確認)。
※なければ免許証など身分を確認できるものを必ずお持ちください。
◯小児の場合は、母子手帳及び接種記録があればお持ちください。
◯18歳以上20歳未満の方は、保護者の同意書をお持ちください(保護者同伴の場合は不要)。
▲ページトップへ