黄熱予防接種証明書と黄熱の感染危険地域

中南米およびアフリカでの黄熱予防接種証明書の提示強化

黄熱予防接種証明書の有効期間の変更
 WHOは、10年であった黄熱予防接種証明書イエローカードの有効期間を2016711より生涯有効に延長することを勧告しました。これに伴い日本で発行される黄熱予防接種証明書の有効期間も1回の接種で生涯有効となります。この変更は、これまでにワクチンを接種した人にも適応されます。有効期間の過ぎた証明書であっても手続きをすることなく、711日以降は自動的に生涯有効の証明書となりますので、大切に保管するようお願いします。

   黄熱予防接種証明の有効期間のリーフレット

黄熱の予防接種は特定の接種機関でのみ接種できます
 ※黄熱ワクチンは5人用の製剤のみが利用可能であることや国際的な証明書を交付しなければならないことから、全国特定の接種機関(黄熱予防接種推奨リーフレット参照)のみで実施していますので、注意してください。
黄熱の予防接種は予約制です。早めに予約をしてください。
 ※希望者が多い場合は、希望日に接種できないことがあります特に渡航のピーク時期は予約できないことがあります。
黄熱の予防接種証明書は、接種10日後から有効となります
黄熱ワクチンをはじめ生ワクチンを接種した場合は、別のワクチンを接種するときに27日以上の間隔を置く必要がありますしたがって、複数のワクチンを接種するには数か月の時間が必要です。余裕を持ったスケジュールで接種してください。

 検疫所では、出国時および入国時の諸注意に関するリーフレットを用意しております。こちらも合わせて、ご利用ください。

  黄熱予防接種推奨リーフレット

ブラジルにおける黄熱の感染リスク地域の拡大について
 
WHOは、ブラジルの感染リスク地域を拡大しました。2018年に入り、WHOは、サンパウロ州全域をリスクのある地域と考えることを推奨しています。このため、この地域を旅行した者が次の入国の際にリスク国からの入国と見なされる可能性があります。旅行先での黄熱リスクの扱いについて、ご確認ください。

状況は随時更新されているため、渡航される方は、事前に入国を予定されている国の大使館や領事館に入国時の証明書の取扱いについて確認しておくことが勧められます。

FORTH 感染症情報

参考情報

WHO. 国際渡航者に対する黄熱、マラリアを含め必須となるワクチン接種と勧告(国別リスト)
Vaccination requirements and recommendations for international travellers, including yellow fever and malaria
http://www.who.int/ith/ith-country-list.pdf?ua=1

外務省 海外安全ホームページhttp://www.anzen.mofa.go.jp
ブラジルにおける黄熱の再流行(サンパウロ州全域がワクチン接種推奨地域とされました。)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C007.html

黄熱予防接種証明書要求国・地域[WHO]
Countries requiring yellow fever vaccination [Map]
https://who.maps.arcgis.com/apps/MapSeries/index.html?appid=ad0ff71cdd1b4c139cfad91daca886fb
 

                    2016年5月10日掲載 2018年7月26日更新