2012年08月20日更新 ウガンダでエボラ出血熱が発生しています(更新6)

 ウガンダ西部のキバレ(Kibaale)でエボラ出血熱が発生しています。

 エボラ出血熱は、エボラウイルスによって起こる病気で、死に至ることが多い病気です。ウイルスに感染した人の血液や体液からうつるほか、ウイルスに汚染されたものやウイルスに感染した動物に触れることでうつります。発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、のどの痛みなどの症状が出た後、下痢や嘔吐、胃の痛みなどの症状が起こります。皮膚の発疹、目の充血、からだのさまざまな部位からの出血が起こることもあります。ワクチンや特別な治療方法はありません。

 2012年8月17日に公表されたWHOの情報によりますと、ウガンダ保健省は、キバレで発生したエボラ出血熱のアウトブレイクを制御するため、関係機関とともに対応を続けています。国と地域の対策本部は、このアウトブレイクへの対応を調整するために、連日、会議を開催しています。

 これまでに、エボラ出血熱の確定患者と疑い患者は24人で、そのうち16人が死亡しました。このうち、11人がエンテベ(Entebbe)にあるウガンダウイルス研究所で確定診断されています。最近、確定診断された患者は、8月4日にカガディ(Kagadi)病院の隔離病棟に入院した患者です。

 疑い患者のうち、検査の結果が陰性であった人は疑い患者から除外され、対症療法を受け、回復後に退院しました。確定患者1人と疑い患者48人が隔離病棟から退院しました。

 エボラ出血熱の確定患者や疑い患者と接触のあった人々には、21日間の経過観察が行われています。408人の接触者の70%以上の人が、特段の症状はなく、21日の経過観察期間を終了しています。また、他の地域で疑われた患者はすべて調査され、いずれもエボラウイルスは陰性でした

 保健省はWHOや他の関係機関の支援を受け、他の地区で疑い患者が発生した際の対応を想定して、カンパラにあるムラゴ(Mulago)国立病院に隔離病棟を設置しました。隔離病棟で勤務する医療従事者は、すでに訓練を受けています。

 赤十字社のボランティアと村の保健チームで構成された社会的動員のチームは、キバレで最も影響を受けた地域のほとんどの村、家庭に到着しました。チームの活動は、情報や普及啓発資料の提供と、ラジオや映画での健康意識を高めるためのメッセージで強化されています。

 CDCが率いるチームは、このアウトブレイクの感染伝播様式や可能性のある感染源を把握するために、キバレ地区の生態学的研究を開始しました。

<近隣諸国の対応>

 ウガンダに隣接する各国は、エボラ出血熱の患者の発見と対応のため監視を強化しています。現時点では、ウガンダのアウトブレイクに関連した確定患者は報告されていません。 

 WHOはウガンダへの渡航や貿易を制限することを推奨していません。

 ウガンダに渡航する方は、現地の情報に注意してください。手洗いなどの一般的な衛生対策を行ってください。また、感染した人の血液や体液、それらで汚染された可能性のあるもの、動物に触らないでください。

 現地で、発熱などの症状が出た場合には、すぐに医療機関を受診してください。また、帰国時に症状がある場合には検疫官にご相談ください。エボラ出血熱は感染してから発症するまでに3週間かかることもあります。帰国してから症状が出た場合には、医療機関または検疫所にご相談ください。

出典

WHO:Ebola in Uganda – update 17 August 2012
http://www.who.int/csr/don/2012_08_17/en/index.html

参考

FORTH 新着情報
ウガンダでエボラ出血熱が発生しています(更新5) 2012年8月16日
http://www.forth.go.jp/topics/2012/08161045.html

ウガンダでエボラ出血熱が発生しています(更新4) 2012年8月13日
http://www.forth.go.jp/topics/2012/08131005.html

ウガンダでエボラ出血熱が発生しています(更新3) 2012年8月7日
http://www.forth.go.jp/topics/2012/08071133.html

ウガンダでエボラ出血熱が発生しています(更新2) 2012年8月6日
http://www.forth.go.jp/topics/2012/08061113.html

ウガンダでエボラ出血熱が発生しています(更新1)2012年8月2日
http://www.forth.go.jp/topics/2012/08020952.html

ウガンダでエボラ出血熱が発生しています 2012年7月30日
http://www.forth.go.jp/topics/2012/07301025.html