海外へ渡航される皆さまへ!

海外で感染症にかからないようにするために、感染症に関する正しい知識と予防方法を身に付けましょう。

海外での感染症予防のポイント

・渡航地や渡航先での行動によって異なりますが、感染の可能性が最も高いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です。
・日本で発生していない、動物や蚊・マダニなどが媒介する病気が海外では流行していることがあり、注意が必要です。
・人から人に広がる感染力の強い麻しん(はしか)、風しん及びポリオ※が流行・発生している地域があることにも注意してください。
 ※ 麻しん(はしか)や風しん及びポリオは世界保健機関(WHO)が排除又は根絶を目指している病気に含まれています。 
・麻しん(はしか)、中東呼吸器症候群(MERS)、サル痘及び新型コロナウイルス感染症についてはページ下部の「参考:麻しん(はしか)・中東呼吸器症候群(MERS)・サル痘・新型コロナウイルス感染症について」をご参照ください。

海外への渡航を計画する前に

•これまでに自分が受けた予防接種について、母子手帳などで確認しましょう。
• 海外渡航に際し推奨されている予防接種で、まだ受けていないものがあれば、時間的な余裕をもって医師に予防接種の相談をするなど、適切な感染予防を心がけましょう。

• お子様と海外にお出かけされる方へ:海外旅行における感染症予防のポイントを厚生労働省検疫所のイメージキャラクターである「クアラン」が説明しています。ご家族そろって御覧くだ さい。
 ▼クアランの海外旅行Q&A
 

出発前に確認しておきたいこと

 渡航先で流行している感染症【FORTH】海外感染症発生情報感染症トピックス(医療関係者向け)
• 渡航先の情報【FORTH】国・地域別情報
• 渡航前の準備【FORTH】お役立ち情報
• 渡航先での医療機関情報「世界の医療事情」【外務省】
• 最新の安全情報を日本語で受信できる海外安全情報配信サービス「たびレジ」【外務省】への登録

旅行中に注意すべきこと

 海外では、日本にはない病気がたくさんあります。海外旅行では、時差や気候の違いなどから、(自覚していなくても)様々なストレスを受けます。この結果、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなってしまいます。一生治療を続けなければならない病気もあります。無理のないスケジュールを心がけ、避けられる危険を避け、楽しい旅行にしましょう。
• 生水・氷・カットフルーツの入ったものを食べることは避けましょう。
• 食事は、十分に火の通った信頼できるものを食べましょう。
• 蚊・ダニに刺されないように、服装に注意し、必要があれば虫よけ剤を使うなどしましょう。
• 動物は、狂犬病や鳥インフルエンザなどのウイルスをもっていることがあります。また、ヒトコブラクダはMERSコロナウイルスを持っていることがあります。むやみに近寄ったり、触らないようにしましょう。
• 薬物やゆきずりの性交渉で感染し、一生後悔することのない行動をとりましょう。
• 新型コロナウイルス感染症については、マスク着用、手指消毒、不特定多数との接触の回避、3密(密閉・密集・密接)のないようにこころがけてください。
• 咳や発熱、発疹など、なんらかの症状がある方との濃厚な接触は避けるようにしましょう。

帰国時・帰宅後に体調が悪くなったら

【帰国時】
空港や港に設置されている検疫所では、渡航者の方を対象に健康相談を行っています。
 
帰国時に発熱、咳、発疹、下痢などの症状があったり、、具合が悪かったり、体調に不安がある場合や動物に咬まれた、蚊に刺されたなど渡航先での出来事で健康上心配なことがありましたら、お気軽に検疫官までご相談ください。

【帰宅後】 
感染症には、潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)が数日から1週間以上と長いものもあり、渡航中又は帰国直後に症状がなくても、しばらくしてから具合が悪くなる場合があります。
その場合は、医療機関を受診し、渡航先、滞在期間、現地での飲食状況、渡航先での活動内容、動物との接触の有無、ワクチン接種歴などについて必ず伝えてください。
その他不安があれば、最寄りの保健所(保健所管轄区域案内【厚生労働省】)にお問い合わせください。

海外で注意すべき代表的な感染症

1.蚊やマダニなどが媒介する感染症
(1) マラリア
(2) デング熱、デング出血熱
(3) ジカウイルス感染症
(4) チクングニア熱
(5) 黄熱
(6) ウエストナイル熱・ウエストナイル脳炎
(7) ダニ媒介脳炎

2.動物からうつる感染症
(1) 鳥インフルエンザ(H5N1、H7N9)
(2) 狂犬病:イヌ、コウモリ、キツネ等多くの哺乳動物
(3) 中東呼吸器症候群(MERS:マーズ) :ヒトコブラクダ

3.その他、諸外国で注意すべき感染症
(1) 麻しん(はしか)
(2) 風しん
(3) ポリオ
(4) 新型コロナウイルス感染症
(5) サル痘

海外で注意しなければいけない感染症【一覧】

参考:麻しん(はしか)・中東呼吸器症候群(MERS)・サル痘・新型コロナウイルス感染症について

*麻しん(はしか)について
▼【予防接種】海外に渡航する方について、次の(1)及び(2)を満たす方々には、麻しんの予防接種をお勧めしています。
(1)「麻しんにかかったことがない」又は「麻しんにかかったかどうか分からない」
  (「麻しんにかかった」とは、過去に医師により麻しんと診断された場合を言います。)
(2)「麻しんの予防接種を2回受けていない」又は「麻しんの予防接種歴が不明である」
  (「予防接種を受けた」とは、母子健康手帳や、予防接種証明書などの記録で確認できる場合です。)
▼【帰国後の留意点】帰国後には次の点にご留意ください。
・帰国後2週間程度は健康状態に注意してください。
・発疹、発熱などの症状がある場合は、海外からの帰国後であることをかかりつけ医または医療機関に電話等で伝え、受診の要否や注意点を確認してから、その指示に従ってください。また麻しんの感染力は非常に強いと言われています。医療機関へ移動される際は、周囲の方への感染を防ぐためにもマスクを着用し、公共交通機関の利用を可能な限り避けてください。
(参考情報)厚生労働省:麻しんについて
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

*中東呼吸器症候群(MERS)について
▼2019年9月にサウジアラビアの観光査証が解禁されるなど、中東諸国への観光の誘致が盛んになっています。渡航される方は中東呼吸器症候群(MERS)に注意してください。
▼ヒトコブラクダに唾を吐きかけられたり、ヒトコブラクダの未加熱肉や未殺菌乳を摂取したりすることは、MERSに感染するリスクがあると考えられています。また、発症した人と濃厚接触したことで感染した例も報告されており、咳などによる飛沫感染や接触感染によるものであると考えられています。MERSに感染するリスクのある行動をとった方は、検疫所にご相談ください。
▼詳細については、次のページを参照してください。
 中東呼吸器症候群(MERS)に関する注意(2019年11月更新)

*サル痘について
▼詳細については、次のページを参照してください。
 サル痘について

*新型コロナウイルス感染症について
▼渡航前に必ず検疫の手続を確認しましょう。
▼詳細については、次のページを参照してください。
  水際検疫
  各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置(外務省)

参考になるリンク集

外務省
海外安全ホームページ(スポット情報)
https://www.anzen.mofa.go.jp/
感染症別情報
厚生労働省 感染症情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html
国立感染症研究所 感染症疫学センター
https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc.html

医療関係者・行政関係者の方へ