旅行から帰って

旅行後の発熱

旅行後の発熱海外から帰ってきてから発熱することは多く、特に発展途上国から帰ってきた人では2~3%にみられると言われています。発熱の多くは感染症によって生じ、自然におさまることもありますが、マラリアなど急速に進行し命に係わる感染症から生じ、迅速な治療が必要な場合もあります。旅行後に発熱がある場合、次の点に注意し、時期を逃さないように診察・治療を受けましょう。

まず注意すべきこと

マラリア、特に熱帯熱マラリアは急速に悪化することがあります。

マラリアの流行地域(流行地域地図)に滞在し始めてから、6日以上たって発熱がみられ始めた場合、ただちに診断のために検査を受けてください。マラリアと診断された場合には、すぐに治療を開始しなければなりません。予防薬を飲んでいてもマラリアにかかる場合があります。

以下のような症状が同時にみられる場合には、緊急で医療機関におかかりください。
その他

初めははっきりとしなくても、次第に皮膚に異常がでたり、お腹が痛んだりといった症状が出る場合にも注意が必要です。

旅行に関する情報を整理しましょう

(1)旅行先と旅行期間

旅行先によって流行している疾患は異なります。感染症には症状のでない期間(潜伏期間)があります。ある滞在地に入ってから発熱するまでの経過時間は、特定の感染症を疑うために重要です。

(2)旅行目的は何だったでしょうか。

都市部ツアー、農村部への旅行、親戚の訪問、冒険旅行では、リスクが異なります。

(3)旅行先で何があったか思い出してみましょう。

たとえば:
生水や衛生状態の怪しい食べ物をとりませんでしたか?
住血吸虫症がはやっている土地で淡水にはいりませんでしたか?
動物に咬まれたり、引っ掻かれたりしませんでしたか?
蚊やダニに刺されたり、咬まれたりしなかったでしょうか?
不特定対象に性的な接触を持ちませんでしたか?
医療機関にかかった際に注射を受けませんでしたか?

(4)宿泊先について

宿泊先では空調や網戸があり、蚊の侵入を防げていたでしょうか。

(5)前もって予防接種を受けていたでしょうか。

たとえば、A型肝炎の予防接種を受けていれば、A型肝炎の可能性は非常に低くなります。

感染症には潜伏期があります

滞在してから発熱するまでの経過時間によって、次のような感染症を考えなければなりません(滞在場所によって頻度は異なります)。

潜伏期間が14日未満のもの
感染症 潜伏期(範囲) 流行地域
チクングニア熱 2~4日(1~14日) 熱帯、亜熱帯(東半球)
デング熱 4~8日(3~14日) 熱帯、亜熱帯
日本脳炎ダニ媒介性脳炎ウエストナイル熱 3~14日(1~20日) 地域によって原因ウイルス種が異なる
腸チフス 7~18日(3~60日) 特にインド亜大陸
急性HIV感染症 10~28日(10日~6週) 世界中
インフルエンザ 1~3日 世界中、飛行機の中でも
レジオネラ症 5~6日(2~10日) 世界中
レプトスピラ症 7~12日(2~26日) 世界中、熱帯地域に最も多い
マラリア(熱帯熱) 6から30日 熱帯、亜熱帯
マラリア(三日熱) 8~30日(しばしば1か月を超える) 熱帯、亜熱帯
リケッチア感染症 数日から2~3週間 地域によって原因となる種類が異なる
潜伏期間が14日から6週間のもの
感染症 潜伏期(範囲) 流行地域
腸チフスレプトスピラ症マラリア それぞれの潜伏期間について上記を参照 地理分布については上記の該当部分を参照
アメーバ赤痢(肝膿瘍) 数週~数か月 発展途上国で多い
A型肝炎 28~30日(15~50日) 発展途上国で多い
E型肝炎 26~42日(2~9週) 広い範囲
住血吸虫症(急性期) 4~8週 サハラ以南で最も多い
潜伏期間が6週間を超えるもの
感染症 潜伏期(範囲) 流行地域
アメーバ赤痢(肝膿瘍)、B型肝炎E型肝炎マラリア 潜伏期間については上記の該当部分を参照 地理分布については上記の該当部分を参照
内臓リーシュマニア 2~10か月(10日から数年) アジア、アフリカ、ラテンアメリカ、南ヨーロッパ、中東
結核 初感染では数週、再燃では数年 世界中、感染率や薬の効きにくさについては地域で異なる

(アメリカ疾病管理予防センター Yellow Book 2012より)

地域に特徴的な感染症があります。

地域 発熱をきたす感染症として一般的なもの その他の感染症
カリブ海 デング熱マラリア ヒストプラスマ症レプトスピラ症
中米 デング熱マラリア(主に三日熱) レプトスピラ症ヒストプラスマ症コクシジオイデス症
南米 デング熱マラリア(主に三日熱) バルトネラ菌関連疾患レプトスピラ症
南・中央アジア デング熱腸チフスマラリア チクングニア熱
東南アジア デング熱マラリア チクングニア熱レプトスピラ症
サハラ砂漠より南のアフリカ マラリア(主に熱帯熱)、リケッチア感染症住血吸虫症フィラリア症 トリパノソーマ症髄膜炎菌性感染症

(アメリカ疾病管理予防センター Yellow Book 2012より)